ホーム

記事一覧

RSS

矢口真里に復活の兆し…好感度は地に落ちても人を引きつける愚直さ

 芸能人の不倫騒動が相次ぐ2016年だが、やはりいまだに「不倫の代表選手」として扱われているのが矢口真里(33)だ。13年に起こした“クローゼット鉢合わせ不倫”で1年以上にわたり休業。14年10月の復帰後も風当たりは強い。それは今年に入っても同じ。不倫をネタにしたような切り口だった日清「カップヌードル」のCMには非難が殺到し、放送自粛を余儀なくされた。

 ところが先日、事務所関係者の言葉に驚かされた。「復帰直後は開店休業状態だったんですが、仕事は全盛期の7割くらいに回復してきているんですよ」という。いまだ何かすればネット上では叩かれ、世間に不倫が許されているとは言い難い中、なぜ矢口は復活の兆しを見せているのか。

 そんな疑問を抱えながら取材した、今月21日のイベント。「モーニング娘。」で一世を風靡(ふうび)した元アイドルが泥のプールにつかっていた。事務所の現場担当者が「ヨゴレが汚れ仕事ですよ」とやや自虐的に笑っていたのとは対照的に、自ら泥を鼻に塗りつけ大はしゃぎ。「キモチイイ~!」となまめかしい声で連呼し、完全に“ネタ要員”の扱いだった。

 関係者は仕事増の要因に、まずこうした選り好みしない姿勢を挙げ「もはや矢口は芸人枠です。芸人にもできないようなオファーが実際に来たりするが、だいたい受けている」と証言する。

 さらに、もうひとつ思わぬ要因があるという。ゲームやパチンコなど、遊興に関する業界からのオファーが増えたこと。事務所側もまったく想定していなかった新境地の掘り起こしだ。関係者は「理由はよくわからないですが、すごく増えている。昔から、ゲーム好きとは言っていたけど…。快楽をどん欲に求めた生き様が、業界にマッチしているんでしょうか?」と冗談を交えつつ、「捨てる神あれば拾う神もありですね」と、嬉しい誤算に首をかしげる。

 それでも、好感度はいまだ地に落ちている状態だ。タレントとして矢口を“拾う神”は、どこに魅力を感じているのか。その答えに直結しているかは分からないが、21日の取材で、とことんすがすがしい表情が印象に残った。復帰直後は空元気の一方で、表情を曇らせることもあったが、ここにきて過去と完全に決別する覚悟を固めたように映った。思い起こせば、矢口最大の強みは、逆境に置かれるほど新しい力を身につけて飛躍するところ。「モー娘。」で人気下位に低迷しても、男性問題でグループを離れアイドル生命の危機を迎えたときも、臨機応変に姿を変えて生き残ってきた。

<以下省略>

※引用元:

矢口真里に復活の兆し…好感度は地に落ちても人を引きつける愚直さ

http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2016/07/31/kiji/K20160731013068400.html


管理人の反応

(*´-`*)


ネットの反応

  • そっち業界からのオファーてのは、多分ターゲット層が違うからなのかなって。一般の好感度はお茶の間のマダムに付随してて清廉潔白爽快淡白が求められますし、(→
  • 出演数増えたところで需要あるのかっていう…正直CMで顔見るだけでも何か気分盛り下がる。
  • ネットの番組とかで、ゲーム番組の仕事自体が業界全体に増えたとか?いくら矢口が薄くても、知名度やタレント力は相当だしなー。
  • 所属事務所のアップフロント及びモ娘ハロプロにとってはどこかの将○様やどこかの尊師みたいな存在なのだろうな。
  • 矢口真里に復活の兆し…好感度は地に落ちても人を引きつける愚直さ(スポニチアネックス)不倫しといて、旦那裏切って時が解決するみたいな感じって許せない。何様よ‼️芸能界から去れ!バカ女‼️























関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

お知らせ

人気ページランキング

プロフィール

フリーダム頑固オヤジ

Author:フリーダム頑固オヤジ
アニメ漫画ファン不遇の時代を生き抜いた燃えるオヤジとその仲間たち。

検索フォーム

相互RSS

お知らせ

お問合せ

多数のお問合せをいただいているため、返信できない場合があります。ご了承ください。

名前:
メール:
件名:
本文: