ホーム

記事一覧

RSS

極楽・山本10年ぶり地上波復帰 異例テロップで経緯説明「十分な社会的制裁」

 山本は2006年7月に淫行騒動を起こし、吉本興業を契約解除。芸能活動から遠ざかっていたが、昨年1月に東京・下北沢でお笑いライブを行い、再出発。この1年半は週1回の宮崎サンシャインFM「極楽とんぼ山本圭壱のいよいよですよ」(金曜後10・00)に出演しながら、講演会やパチンコの営業などを行ってきた。

 「ナインティナイン」の岡村隆史(46)は、この日午前中に放送された同局「めちゃ×2イケてるッ!空白の10年総ざらいスペシャル」(前10・25)で「めちゃイケがやらなくちゃいけないことだし、このままずっとほったらかしにしたまま先に行けない。(番組)20周年で、この宿題を1回片付けないと」と話した。

※引用元:

極楽・山本10年ぶり地上波復帰 異例テロップで経緯説明「十分な社会的制裁」

http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2016/07/30/kiji/K20160730013064770.html


管理人の反応

(゚o゚) オオ


ネットの反応

  • 異例テロップで経緯説明「十分な社会的制裁」(スポニチアネックス):前科者を拾う余力も失せてきたフジテレビ。国民から総スカンされる目前だろうに。芸能界って前科者かジャニタレみたいに女漁りが横行して、芸能?とは言えないようだ。 吉本喜劇も笑えない
  • 芸人同士の絆?と涙に、ドン引きを通り越して気持ち悪さだけ映った。殴り合いを見せたのも疑問だしボクシングを罵倒してる。この番組の面白さなくなった
  • ふざけるなよ。当時の茨城GGメンバーや欽ちゃんの前で土下座して、皆が許せば許すがそれ以外はオレは絶対に許さない。
  • フジテレビのあざとさが不快。被害者が許しているかどうかだろ。身内ネタで遊ぶな!加藤!
  • 何をしても許さない人は一定数いるわけで、そこはもう外れ値として扱うのも一つの処理方法。




















































関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

お知らせ

人気ページランキング

プロフィール

フリーダム頑固オヤジ

Author:フリーダム頑固オヤジ
アニメ漫画ファン不遇の時代を生き抜いた燃えるオヤジとその仲間たち。

検索フォーム

相互RSS

お知らせ

お問合せ

多数のお問合せをいただいているため、返信できない場合があります。ご了承ください。

名前:
メール:
件名:
本文: