ホーム

記事一覧

RSS

福山月9も破れず…結婚直後は恋愛モノご法度の定説 いや、歳の差設定がキモいだろ


 大手芸能事務所のマネジャーに昔、聞いたことがある。「結婚でただでさえファン離れが起こる中、これ以上恋愛や結婚のイメージで刺激したくない。こういう時は王道ラブストーリーからはいったん離れ、職業ものや社会派ものなどで自歩を固めるのがセオリー」。先日、エンタメ雑誌編集者とも似たような話になったばかりだ。

 言われてみれば、木村拓哉でさえそうだった。「ロングバケーション」や「ラブジェネレーション」などあれだけ多くのラブストーリーのヒット作を飛ばしたけれど、結婚後の初ドラマは検事のチームものの「HERO」(01年)だった。その後も、明石家さんまとのサスペンスや、パイロット、アイスホッケー選手などヒーローものが続き、月9「月の恋人」でラブストーリーに復帰するまで10年かけている。

 28歳で結婚したキムタクと、46歳で結婚した福山は比べられないけれど、圧倒的な女性ファンを持つスーパースターという意味では芸能界の双璧である。福山の場合、わざわざ結婚の余韻が生々しい時期にラブストーリーで勝負する必要があったのかと、余計なお世話で案じてしまう。そもそも「ひとつ屋根の下」「ガリレオ」「龍馬伝」など、ラブストーリーとは別のフィールドで俳優のキャリアを積んできた人である。いきなり“元ミュージシャンの23歳差恋愛”という斜め上をいくラブストーリーを提供されて、戸惑った受け手は多いと思う。

<以下省略>

※引用元:

福山月9も破れず…結婚直後は恋愛モノご法度の定説 - 梅ちゃんねる - 芸能コラム : 日刊スポーツ

http://www.nikkansports.com/entertainment/column/umeda/news/1654658.html


管理人の反応

(#゚Д゚)y-~~イライラ


ネットの反応

  • 福山雅治主演のフジテレビ月9ドラマ「ラヴソング」が、2週続けて月9史上最低視聴率6・8%を記録 って脚本がおもしろくないからじゃないの?
  • 厳しい言い方だが所詮タレントは商品だし、プライベートで有っても商品価値に影響があるのは当然と言えば当然なんだが。
  • いや、違う。40代のおっさんと20代の女子の恋愛、誰が見たいの?どこターゲット?何にキュンとするの?設定が問題なのだ。
  • 月9という文化はもう過去のものなのかもねぇ。 いっその事、内容的に前の昼ドラマみたいなドロドロな感じをやってみるのもいいかもねぇ。
  • 福山月9も破れず…結婚直後は恋愛モノご法度の定説:フジの亀山千広社長自ら引退してくれると番組を見る人増えるからさ。それだけでいい。



























関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

お知らせ

人気ページランキング

プロフィール

フリーダム頑固オヤジ

Author:フリーダム頑固オヤジ
アニメ漫画ファン不遇の時代を生き抜いた燃えるオヤジとその仲間たち。

検索フォーム

相互RSS

お知らせ

お問合せ

多数のお問合せをいただいているため、返信できない場合があります。ご了承ください。

名前:
メール:
件名:
本文: