ホーム

記事一覧

RSS

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

<電影少女>名作マンガを見事「再起動」 「切なさ」にハマる人続出 制作陣の“こだわり”とは…


 桂正和さんの名作マンガを実写化した連続ドラマ「土曜ドラマ24『電影少女 -VIDEO GIRL AI 2018-』」(テレビ東京系)が話題だ。2018年を舞台に、1990年代からタイムスリップしてきた“ビデオガール”の天野アイと高校生の弄内(もてうち)翔との奇妙な共同生活が描かれたリブート作。「ビデオガールは相手の恋を応援し、なぐさめるだけの存在」であることを前提とした、アイと翔の微妙な距離感や関係性が生み出す「切なさにハマる」という人が続出しているという。今から20年以上前に少年たちを夢中にさせた名作を、安易な実写化や、タイトルだけを借りた“別物”にすることなく、なぜ今回見事に「再起動」させることができたのか。その裏にある制作陣の“こだわり”に迫った。

 ◇原作エピソードをたくみにすくい上げ…

 「電影少女」は、「ウイングマン」「I”s」で知られる桂さんが89~92年に「週刊少年ジャンプ」(集英社)で連載。恋に悩む高校生の弄内洋太が不思議なレンタルビデオショップで借りてきたビデオを再生すると、いきなり美少女が画面から飛び出してきて……というストーリー。

<以下省略>

※引用元:

電影少女:名作マンガを見事「再起動」 「切なさ」にハマる人続出 制作陣の“こだわり”とは… - MANTANWEB(まんたんウェブ)

https://mantan-web.jp/article/20180217dog00m200032000c.html


管理人の反応

(゚д゚) オオ


ネットの反応

  • いや確かによくできてる。ただし自分のような原作ありきのオッサンと乃木坂ありきの若者では受け取りかたが全く違う、を踏まえてだけどね。
  • どこか“フィルム感”のある映像にも「あの頃の切なさ」を追体験してもらおうという意図があり、映画と同じ「1秒間に24コマ」を採用。 電影少女の映像の質感も音楽も好き。
  • 電影少女で泣ける人と泣けない人 いるし、どっちでもいいけれど僕は泣ける方の人だし、泣ける方の人とは必ず仲良くなれると思う。
  • 始まる前は何で今頃?と思ったけど割と毎週楽しみに観てる。 この髪型は実現可能だったのかと驚く
  • 西野七瀬演技下手過ぎじゃね?素の女の子役やると可愛いけど。






















関連記事

お知らせ

人気ページランキング

プロフィール

フリーダム頑固オヤジ

Author:フリーダム頑固オヤジ
アニメ漫画ファン不遇の時代を生き抜いた燃えるオヤジとその仲間たち。

検索フォーム

相互RSS

お知らせ

お問合せ

多数のお問合せをいただいているため、返信できない場合があります。ご了承ください。

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。