ホーム

記事一覧

RSS

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ノムさん、沙知代さんの経歴「100%全部嘘でした。俺に全部嘘を言っていた」


 野球評論家の野村克也氏(82)が16日放送されたTBS系「爆報!THE フライデー」(金曜・後7時)で、昨年12月8日に心臓疾患の虚血性心不全で亡くなったタレントの野村沙知代さん(享年85)の“経歴詐称”について語った。

 沙知代さんは1999年に行われた衆院選に立候補したが、選挙公報などに記載した「コロンビア大卒」という経歴が詐称ではないかとうわさされ、公職選挙法違反で告発された。不起訴処分となるも、激しいバッシングを受けた。

 野村氏は当時のことについてインタビュアーに「なぜそんなバレる嘘をついたんですかね?」聞かれると「ええ格好したかったんじゃないの?」とさらりと答えた。

 驚いたインタビュアーが「そういうことってあるんですか?」と尋ねるとノムさんは「あるある」とニヤリと笑った。

<以下省略>

※引用元:

ノムさん、沙知代さんの経歴「100%全部嘘でした。俺に全部嘘を言っていた」

http://www.hochi.co.jp/entertainment/20180216-OHT1T50212.html


管理人の反応

(゚-゚) ウム


ネットの反応

  • 虚言癖とか、嘘を真実だと思い込むとか、冗談のつもりとか、いろいろなタイプの場合があるけど、何も本当のことが無かったとしたら、何者なのか、けっこう怖い気がする。 。
  • 今さら何を言っても、なんだろうけどノムさんは自分と身内(カツノリ含む)にはいつも肯定的。近しい人間にイライラしないのが長く元気で生きるコツなのかも。
  • dメニューニュース:ノムさん、沙知代さんの経歴「100%全部嘘でした。俺に全部嘘を言っていた」(スポーツ報知)人間は嘘が多いタイプ、本当が多いタイプの二種類が居る。理由も生来と後の経験からの二種類。私に店長を勧めたコンビニ経営者は…
  • なんだか「人間の証明」や「砂の器」的な時代背景を感じてしまうのだが、ウソを愛情の変換だと解釈する野村氏もヤバいな。
  • 経歴詐称の人は最近もいますが、「戦後の女性」は隠さなければならない事情もあったと思いつつ、ノムさんの思いやりですね。水上勉や松本清張の小説を想起させます。
  • 自民党参議院議員、青山繁晴さんの経歴も怪しいかもしれない。慶應義塾大学入学が本当であって欲しいです!
  • 親鸞聖人の「たとい法然聖人にすかされまいらせて、念仏して地獄に堕ちたりとも、さらに後悔すべからず候」を思い出す。 これほどまでの愛とは


























関連記事

お知らせ

人気ページランキング

プロフィール

フリーダム頑固オヤジ

Author:フリーダム頑固オヤジ
アニメ漫画ファン不遇の時代を生き抜いた燃えるオヤジとその仲間たち。

検索フォーム

相互RSS

お知らせ

お問合せ

多数のお問合せをいただいているため、返信できない場合があります。ご了承ください。

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。