ホーム

記事一覧

RSS

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

保阪尚希 7歳の誕生日3日後に両親が自殺 親戚の非情な言葉…


 俳優・保阪尚希(50)が16日、TBSで放送された「金スマSP」に出演。7歳の時、両親が自殺したことなど、壮絶な過去を明かした。

 サラリーマンだった父、主婦だった母、4歳下の妹、祖母の5人暮らし。保阪は「すごい教育ママだった」母親のもと、英語、ピアノ、エレクトーン、そろばん、習字、器械体操など多くの習い事をし、幸せに暮らしていた。しかし、7歳の誕生日を迎えた3日後の1974年12月14日、両親が自ら命を絶った。メディアでは無理心中などと報じられた。

 いつもは両親、保阪が2階で寝ていたが、その日だけは、父親から「尚希はきょうはおばあちゃんの部屋(1階)で寝なさい」と言われたという。翌朝、目が覚めると、玄関に「同じ革靴がぶわーっと脱ぎ捨てられてて」と多数の警官が自宅に駆け付けており、祖母が質問攻めにあっていたという。

<以下省略>

※引用元:

保阪尚希 7歳の誕生日3日後に両親が自殺 親戚の非情な言葉…/デイリースポーツ online

https://www.daily.co.jp/gossip/2018/02/16/0010992173.shtml


管理人の反応

(゚д゚) マジ


ネットの反応

  • 保阪と当時2歳半だった妹は、親戚のおじ宅に連れていかれたが、「何も分からない。急すぎて。(当日の)記憶がないんです」「記憶を消したのか覚えてないのか、そこだけ記憶が断片的なんです」と振り返った。 online
  • ・・・もうそういう時代なのかもしれないけど、新聞(スポーツだけど)がテレビを見てそのまま記事書いてどうすんの?
  • どうしてこう親戚ってのは無神経な物言いしかできないのだろう。血の濃い者ほど残酷なことをする。
  • 叔母さんの言葉はあまりにもつらい一言だったと思う。 何も悪い事をしていないのに。…
  • 酷いな。 私も子供の頃、親戚に酷い言葉を受けたので同情します。
















関連記事

お知らせ

人気ページランキング

プロフィール

フリーダム頑固オヤジ

Author:フリーダム頑固オヤジ
アニメ漫画ファン不遇の時代を生き抜いた燃えるオヤジとその仲間たち。

検索フォーム

相互RSS

お知らせ

お問合せ

多数のお問合せをいただいているため、返信できない場合があります。ご了承ください。

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。