ホーム

記事一覧

RSS

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

呼吸の管を食道に、医療事故で乳児寝たきり…大阪市医療センター


 大阪市立総合医療センター(大阪市都島区)で昨年9月、生後2か月の女児に心臓手術を施した後の処置で、気管に空気を送るチューブを医師が誤って食道に入れてしまい、女児が一時的に心停止する事故が起きていたことがわかった。

※引用元:

呼吸の管を食道に、医療事故で乳児寝たきり…大阪市医療センター : yomiDr. / ヨミドクター(読売新聞)

https://yomidr.yomiuri.co.jp/article/20180214-OYTET50010/


管理人の反応

(゚д゚) マジ


ネットの反応

  • う~ん、もちろん負荷が高くなるのはわかりますが、どうも医療は製造業よりも品質工程が甘い気がするんですよね。製造業から品質管理のノウハウを取り入れてみては?(´・_・`)
  • 挿管のミス、何度も挿管してもらってる立場から見ると怖いな。でも胃管とかもそうよね、ちゃんと音確認するから。
  • 大阪市立総合医療センターの下記の件は殺人と同じ。 下記の件のヤブ医者の氏名公表及び免許剥奪すべき。
  • 辛いなぁ~。。。辛すぎる!両親はもちろん、人生を閉ざされた形の赤ちゃんが、気の毒でならない。。。
  • こういう 不注意って ムカつく。私もオペミスで失った健康な部位返せ。謝罪だけでは済まされへん。





















関連記事

お知らせ

人気ページランキング

プロフィール

フリーダム頑固オヤジ

Author:フリーダム頑固オヤジ
アニメ漫画ファン不遇の時代を生き抜いた燃えるオヤジとその仲間たち。

検索フォーム

相互RSS

お知らせ

お問合せ

多数のお問合せをいただいているため、返信できない場合があります。ご了承ください。

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。