ホーム

記事一覧

RSS

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本漫画家協会 異例の声明で海賊版を強く非難「このままでは日本の文化が滅びてしまう」


 国内の漫画家が在籍し、「あしたのジョー」の作者として知られるちばてつや氏(79)が理事長を務める日本漫画家協会が13日、公式サイトで「海賊版サイトについての見解」を発表。「全く創作の努力に加わっていない海賊版サイトなどが、利益をむさぼっている現実があります」と海賊版サイトを強く糾弾した。

 協会は、作り手側の意見として「パソコンや携帯電話など、デジタル技術が発達して、マンガの読まれ方はずいぶん変わりました。そして以前よりもずっと気軽に、容易く作品を手にしてもらえるようになっています。本当にすばらしいことだと思います」と漫画を取り巻く昨今の技術進歩に歓迎を示した。

 一方で「でもそれには、作り手と、作品を利用するみなさんが、きちんとした『輪』のなかでつながっていることが大事です。残念ながら最近、私たち作り手がその『輪』の外に追いやられてしまうことが増えています」と指摘し、「その代わりに、全く創作の努力に加わっていない海賊版サイトなどが、利益をむさぼっている現実があります」と文章に怒りをにじませた。

※引用元:

ちばてつやのニュース - 日本漫画家協会 異例の声明で海賊版を強く非難「このままでは日本の文化が滅びてしまう」 - 最新芸能ニュース一覧 - 楽天WOMAN

https://woman.infoseek.co.jp/news/entertainment/sponichin_20180213_0126


管理人の反応

(゚д゚) マジ


ネットの反応

  • この問題は、経営者至上主義も関わっている思うね。漫画家などの前身が労働者なり学生でも資産家でも経営者でなければ下にみる狂ったさ。キリのほうの八百屋的経営者の最低のモラル
  • 壁]д`)子供も含めた立ち読み派の人から広告収入を得られるという証でもあるから、何かしらのチャンスが眠っている話のような気もする。
  • ちば先生の含蓄あるお言葉、傾聴の価値あり。 既に経産省がメディア振興で絡んでいるのだから、海賊版を排斥する仕組みを作ればいいのに。
  • 何もないところから物は生まれない。生まれる努力をした人が必ずいる。その努力をした人の成果物を勝手に配布することを「泥棒」という。
  • マジで作品に対してお金を払わない人大嫌い。ネットで無料で見れるよって言う人は心の中で相当見下してる。


























関連記事

お知らせ

人気ページランキング

プロフィール

フリーダム頑固オヤジ

Author:フリーダム頑固オヤジ
アニメ漫画ファン不遇の時代を生き抜いた燃えるオヤジとその仲間たち。

検索フォーム

相互RSS

お知らせ

お問合せ

多数のお問合せをいただいているため、返信できない場合があります。ご了承ください。

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。