ホーム

記事一覧

RSS

ゲノム編集、ブタ内在性ウイルスのリスク除去 ヒト臓器移植に光


【8月11日 AFP】子ブタのゲノムを編集し、内在するウイルスによる感染の危険を取り除くことに成功したとの論文が10日、米科学誌サイエンス(Science)のウェブサイトに公開された。ブタから人間への臓器移植の実現に道を開く画期的な研究成果だ。

 臓器移植の待機患者数は、米国だけでも約11万7000人に上り、毎日22人が移植日を待ち望みながら死亡しているという公式統計がある。今回の研究は、年々増え続ける待機者を大幅に減らし、多くの命を救うことにつながる可能性がある。

 ハーバード大学(Harvard University)の遺伝学者、ジョージ・チャーチ(George Church)氏とルーハン・ヤン(Luhan Yang)氏は、デンマークや中国の研究者の協力を得て、今回の研究を行った。

 研究チームは編集した胚細胞を、成長を助け改変過程で起きやすい破壊効果を克服しやすくする化学化合物の中に置き、標準的なクローン技術を使って、編集したDNAを代理母の卵細胞に注入した。これにより、ブタ内在性レトロウイルス(PERV)を保有しない子ブタ37匹が生まれたという。

<以下省略>

※引用元:

ゲノム編集、ブタ内在性ウイルスのリスク除去 ヒト臓器移植に光

http://www.afpbb.com/articles/-/3138937


管理人の反応

(゚д゚) マジ


ネットの反応

  • ヒト臓器移植に光(AFP=時事) 』そこまでやるか?そもそも臓器移植になるまでの治療が間違っている。それより免疫療法を学ぶことだ。ほとんどの移植が不要になる。インチキ医療の移植厨。
  • 実際に人間がブタから臓器提供を受けた場合にPERVに感染するかどうかは不明だが、実験ではペトリ皿に入れたウイルスがヒト細胞に感染し得ることが確認されている。
  • 小林泰三先生、大歓喜ニュース。 しかし、このような技術的な話が、後に「人権とは?」問題になるとは今は誰も。
  • ヒト臓器移植に光(AFP=時事) その光はとても危険な光のようです。記事でも触れていますが、人間を除く動物からの感染症が増えることを意味しているからです。
  • ヒト臓器移植に光(AFP=時事) ゲノム編集しなくても北癬には、もう人擬き豚がいる。
























関連記事

お知らせ

人気ページランキング

プロフィール

フリーダム頑固オヤジ

Author:フリーダム頑固オヤジ
アニメ漫画ファン不遇の時代を生き抜いた燃えるオヤジとその仲間たち。

検索フォーム

相互RSS

お知らせ

お問合せ

多数のお問合せをいただいているため、返信できない場合があります。ご了承ください。

名前:
メール:
件名:
本文: