ホーム

記事一覧

RSS

武井壮、世界陸上のガトリン金を批判「ドーピングは順位だけでなく、文化や経済を奪う略奪行為」


 タレント・武井壮(44)が7日放送のTOKYO MX「バラいろダンディ」(月~金曜・後9時)で、ロンドン世界陸上の男子100メートルで金メダルを取りながらブーイングを受けたジャスティン・ガトリン(35)を批判した。

 今大会限りでの現役引退を表明している世界記録保持者のウサイン・ボルト(30)を破っての金メダルだったが、ガトリンはドーピング違反で2度の出場停止処分を受けていたこともあり、会場ではブーイングが巻き起こった。

 この件について武井は「(ボルトの3位は)残念だったと思います。ただブーイングは陸上を愛している人の健全性が出ているなと思います」と語った。「想像してください。北島康介選手や高橋尚子さん、吉田沙保里選手が金メダルを1個も取っていなくて、(その選手たちを破って)金メダルを取った選手が薬物違反した選手だったら、日本は今のようなスポーツ文化は発展していない。ドーピングはただ順位をかすめ取るものではなくて、文化や経済も奪う略奪行為だから。国際的詐欺行為だと思う。大きく断罪されていいと思う」とまくし立てた。

<以下省略>

※引用元:

武井壮、世界陸上のガトリン金を批判「ドーピングは順位だけでなく、文化や経済を奪う略奪行為」

http://www.hochi.co.jp/entertainment/20170807-OHT1T50172.html


管理人の反応

(`o´) オオー


ネットの反応

  • 「過ちを犯しブーイングされながらも必死に頑張ったガトリン選手は凄い」という美談を完全に覆す内容。後半の動物実験の箇所のソースが欲しい。
  • 世界記録を出すような選手が自分の飲む薬の成分を知らずに体に入れるようなことは絶対ない。オリンピックに出るような選手は絶対分かっている。
  • ドーピング使用は出場停止のリスクがあるけど、長期的に強い身体を手に入れるという大きなメリットもあるという説。初耳だ(  ̄- ̄)
  • 「ボルトが負けた」というコトではない。東海大菅生の勝ちより早実(清宮)の負けを報じたメディアとは本質的に違う。
  • 犯罪者が刑期を終えて社会復帰するのと同じ印象。ガトリン個人が悪いと言うよりも、制度が悪いと言えばいいんじゃないかな。
  • スポーツ選手のドーピングは研究者の研究不正と同じということ。研究者は一度不正を犯したら二度と研究で花開くことはない。
  • こうしたアスリート目線での指摘、批判は分かり易い。薬物使用からの更生は一般人は許されてもアスリートはダメなのだろう。


























関連記事

お知らせ

人気ページランキング

プロフィール

フリーダム頑固オヤジ

Author:フリーダム頑固オヤジ
アニメ漫画ファン不遇の時代を生き抜いた燃えるオヤジとその仲間たち。

検索フォーム

相互RSS

お知らせ

お問合せ

多数のお問合せをいただいているため、返信できない場合があります。ご了承ください。

名前:
メール:
件名:
本文: