ホーム

記事一覧

RSS

柴咲コウNHK「直虎」10・6%で自己ワースト

 女優柴咲コウ(35)が主演し、6日に放送されたNHK大河ドラマ「おんな城主 直虎」(日曜午後8時)の第31話の平均視聴率が、関東地区で10・6%だったことが7日、ビデオリサーチの調べで分かった。前週は11・3%だった。これまでの最低だった4月30日放送第17話の11・0%を下回り、自己最低を更新した。

 同作は男が絶えた井伊家を「男」を名乗って守り抜き、後に徳川四天王の1人に数えられ彦根藩の藩祖となった井伊直政、幕末の大老として知られる井伊直弼へと子孫をつないだ女領主・井伊直虎を主人公とした物語。

 6日の回は、井伊直虎(柴咲コウ)は今川氏真(尾上松也)の命に従い、徳政令をうけいれる。これは井伊谷が今川の直轄地となり、井伊家が取りつぶしになることを意味していた。直虎と小野政次(高橋一生)はいったん今川家に従うふりをして時を待ち、裏で徳川家康(阿部サダヲ)と手を組むことで井伊家復活を図るという策を取ったのだ。虎松(寺田心)をはじめとした井伊の一族は領地を追われ、川名の隠し里に残ることになる。川名に移った直虎は、家中の者たちに政次の真意を伝える。そんななか、氏真は政次が城代に据える条件として、虎松の首を差し出すよう要求してくる。直虎は要求を予測し、身を隠すべく虎松を三河の寺へ送り出す。政次は氏真からの要求を満たすため、郎党を引き連れて井伊の川名へ。しかし虎松はすでにおらず、代わりに直虎を城に連行。虎松のものとされる幼子の首を改めさせる。疱瘡(ほうそう)のためと偽り厚化粧を施された首は、虎松の身代わりとして政次が殺めた子供のものだった。直虎は首をかき抱いて涙し、経を唱える。一部始終を見た関口氏経(矢島健一)は追求の手を緩め、直虎と政次は窮地を脱する、という内容だった。

※引用元:

柴咲コウNHK「直虎」10・6%で自己ワースト - ドラマ : 日刊スポーツ

https://www.nikkansports.com/entertainment/news/1868439.html


管理人の反応

(゚д゚) オオ


ネットの反応

  • 丁寧ながら緊迫した展開に、毎週目が離せない。柴咲さんの存在感も素晴らしい。視聴率なんて関係無い、とは現場の人は思えないかもしれないけど、胸を張って突き進んでほしい。
  • 清盛や八重の桜並みに面白い。ただ、次あたりがクライマックスで、登場人物も入れ替わるだろうから、平治の乱後の清盛のように失速しないかが心配。
  • 個人的には予想以上に面白いから結構好きなんだけどね直虎。史実に無理矢理登場人物ねじ込もうとしてないし、普通の時代劇ドラマとして見て面白い。
  • それほど堅苦しくないし、年配の方向けのものでもない。知識はあった方が良いけれど、なくても大丈夫。興味が出れば自分で調べ出すよ。もっと気楽に参加してほしいな(^^)。
  • つくづく、視聴率って残酷な数字だなぁと思う。 あんなにドラマチックで肝心要の回で目が離せなかった内容だったのに! 私には直虎は面白くて感動してたまりません。
  • まじ?おそらく、この回と来週の回は、一番重要な回だぞ。絶対見逃してはいけない回。しかし、昨日の政次のセリフ、最高にカッコよかった。男だが惚れた。ポッ(笑)。
  • 頑張ってなんとか全部見ていますが、何も歴史的業績がなく、女だったことすら相当怪しい直虎を大河の主人公に据えるのは、大失敗だったのでは。柴咲コウに責任はありません。


























関連記事

お知らせ

人気ページランキング

プロフィール

フリーダム頑固オヤジ

Author:フリーダム頑固オヤジ
アニメ漫画ファン不遇の時代を生き抜いた燃えるオヤジとその仲間たち。

検索フォーム

相互RSS

お知らせ

お問合せ

多数のお問合せをいただいているため、返信できない場合があります。ご了承ください。

名前:
メール:
件名:
本文: