ホーム

記事一覧

RSS

MANGA議連、アニメ業界のワーキングプアに危機感 衆院議員・古屋圭司氏が語る施策とは?


 先ごろ、“ブラック労働”の代表例にもなっているアニメーターの給与問題が話題となった。その際、現役のアニメ監督によってつまびらかになったのは、ワーキングプアの現状だけでなく、アニメーター育成の難しさ、業界団体としての問題点であった。そこで今回、超党派で作る議員連盟『MANGA議連』会長の衆議院議員・古屋圭司氏に、政権与党としてこの問題とどう向き合うのかを聞いた。

 現在、MANGA議連(マンガ・アニメ・ゲームに関する議員連盟)の会長を務める古屋氏。ワーキングプア化しているアニメ業界の現状については「先日の記事を読みました。もともと、以前からアニメ業界の現状については把握しており、新人アニメーターの年収が110万円であるとか、若いアニメーターは本当に気の毒です」とコメント。その原因として、業界の体質についても触れた。

<以下省略>

※引用元:

MANGA議連、アニメ業界のワーキングプアに危機感 衆院議員・古屋圭司氏が語る施策とは?

http://www.oricon.co.jp/special/50179/


管理人の反応

(`o´) オオー


ネットの反応

  • (オリコン) 麻生政権時の芸術メディアセンター構想を潰したのは「国立漫画喫茶」と揶揄した鳩山由紀夫とその揶揄を大々的に報じたマスコミ。
  • ビッグサイト・コミケ問題にも言及。「五輪施設を上手に分散」「五輪期間中もこれまで同様ビッグサイトを使えるよう政府と交渉中」とご発言。
  • いい方法がある。原画動画の「セーフガード」か「関税」をやるのよ。そしたら海外の安い原画動画のせいで張り付いてる制作費が上がる。:
  • 五輪開催時期へのコミケとビッグサイトについても言及。実現するならオタが政治を見直す契機になるんじゃなかろか。
  • (オリコン) 手塚治虫氏がアニメクリエイターの給料を肩代わりしてた時代があったと聞く。漫画の神様の、功罪の罪の部分かもしれないね。
  • ナショナルセンター創設>業界経営の近代化がどう結びつくのかまだ良くわかんないけど、この動き自体は支援すべき。


























関連記事

お知らせ

人気ページランキング

プロフィール

フリーダム頑固オヤジ

Author:フリーダム頑固オヤジ
アニメ漫画ファン不遇の時代を生き抜いた燃えるオヤジとその仲間たち。

検索フォーム

相互RSS

お知らせ

お問合せ

多数のお問合せをいただいているため、返信できない場合があります。ご了承ください。

名前:
メール:
件名:
本文: