ホーム

記事一覧

RSS

福島第一、燃料デブリを横から回収…21年着手


 東京電力福島第一原子力発電所事故で炉心溶融(メルトダウン)した1~3号機の「燃料デブリ」について、政府などが検討している取り出し方針の骨子案が明らかになった。

※引用元:

福島第一、燃料デブリを横から回収…21年着手

http://www.yomiuri.co.jp/science/20170731-OYT1T50045.html


管理人の反応

(゚-゚) ウムウム


ネットの反応

  • ※横からロボットアームで回収とは・・そう簡単には行くまい!80トン超の地下水に接触のデブリは危険な状態で再臨界爆発を起こす恐れと専門家の弁!回収不可なら次の震災で壊滅だ!
  • 後は放射化した汚染水による脆弱化した土壌、地盤をどう維持していくか。来年は離なので、火山の噴火予測されるので今後どう対応するか等課題山積である。
  • 骨子案では、原子炉格納容器の底部にたまったデブリの回収を優先し、横方向から遠隔操作によって取り出す工法を軸としている。政府は骨子案を踏まえ、今年9月頃に各号機の取り出し方針を決定する。
  • 無理だと思う。凍土壁とかなんやらかんやら、いくら税金が投入されてきたことか。ずっとおもらしし続けてるし、建屋の腐敗も進んでいるらしい。早く石棺するしかないんじゃないか。
  • 一番オーソドックスな解決法であるが最善とは限らない。上から回収したりしたから穴を開ける方法だって考えられる。個人的に推したいのは高圧水流を当てて水ごと回収する方法


























関連記事

お知らせ

人気ページランキング

プロフィール

フリーダム頑固オヤジ

Author:フリーダム頑固オヤジ
アニメ漫画ファン不遇の時代を生き抜いた燃えるオヤジとその仲間たち。

検索フォーム

相互RSS

お知らせ

お問合せ

多数のお問合せをいただいているため、返信できない場合があります。ご了承ください。

名前:
メール:
件名:
本文: