ホーム

記事一覧

RSS

花田優一氏、父・貴乃花親方の豹変ぶりに「これ以上いたら俺死ぬ」


 靴職人で、大相撲・貴乃花親方(44)を父に持つ花田優一氏(21)が、31日放送の日本テレビ系「しゃべくり007天才集結SP」(月曜・後9時)に出演。靴職人になるために家を出たのは、父親から逃げ出すためだったと告白した。

 米国、その後イタリアに渡り靴作りを修業。帰国した今では1年先までオーダーを持つという優一氏。父親が祖父(先代貴乃花)と同じ相撲の世界に進んだように、自身も相撲の道に進むことを考えなかったかと問われると、体が大きくなかったことを挙げつつ「一番(の理由)は、小さい頃の憧れが父だけだった。憧れすぎると同じ世界に入ってもそれ以上有名になるとは思えなかった」と告白。さらに決定的な理由を明かした。

 実家の部屋には、中学を卒業した15歳の新弟子が毎年入ってくる。親方は「息子が出来てもないのに、弟子に叱れるワケがない」と思ったようで、小学6年までは怒られるのが年に1~2度だったものがいきなり豹変。「卒業式の夜に『明日からお前が調子にのったら引きずり回すから』と言われ、次の日ただいまと帰ったら『何だそのただいまは!』。学校での様子を普通と答えたら『普通って何だよお前!』。これ以上居たら俺死ぬと思って、早くモノになってこの地獄から抜け出さなきゃと思いました。強くならないとと(思って)逃げました」。中学を卒業した15歳の時に米国に飛び出したと語った。

<以下省略>

※引用元:

花田優一氏、父・貴乃花親方の豹変ぶりに「これ以上いたら俺死ぬ」

http://www.hochi.co.jp/entertainment/20170731-OHT1T50207.html


管理人の反応

(゚o゚) オオ


ネットの反応

  • これはすごいな。こういう家庭内の逆境をポジティブに拾えることも、きっと父親譲りの負けん気というか、才能なんだろうなぁ。/
  • 花田優一氏、父・貴乃花親方の豹変ぶりに「これ以上いたら俺死ぬ、有名人の子供はロクでも無いのが一杯いる中此の子は立派だよ靴職人で頑張ってるし立派!立派!
  • 靴を作るため採寸しようとすると「採寸しないと作れないのかと言われ、寝ているときに採寸した」とか、典型的なモラハラパターンじゃん。
  • 出来た息子だったからよかったもののやはり貴は頭がおかしい。弟子を叱るために息子につらく当たるなんて訳わからん。
  • ダメおやじは一生響くから辛い。べつに嫌いにもなれないし。
  • 妹が好きすぎて口にキスするって言ってたけど 妹にキスする兄より 兄にキスする妹の方がキツい ブスなら少し許容できる気がする


























関連記事

お知らせ

人気ページランキング

プロフィール

フリーダム頑固オヤジ

Author:フリーダム頑固オヤジ
アニメ漫画ファン不遇の時代を生き抜いた燃えるオヤジとその仲間たち。

検索フォーム

相互RSS

お知らせ

お問合せ

多数のお問合せをいただいているため、返信できない場合があります。ご了承ください。

名前:
メール:
件名:
本文: