ホーム

記事一覧

RSS

日本の害虫、スイスで初発見…温暖化で欧州北上


 【ジュネーブ=笹沢教一】スイス南部で、ブドウなどの果樹作物を食い荒らす日本在来種の害虫マメコガネが今夏、スイスで初めて発見された。

 温暖化に伴い、欧州を北上して生息域を広げているとみられ、当局が警戒を強めている。

 同国南部ティチーノ州は、州南端のイタリア国境沿いに虫の誘引物質(フェロモン)を放つかごを設置、6月21日からの1か月間で計18匹を捕獲した。マメコガネは、1970年代に欧州で初めて、ポルトガルのアゾレス諸島で発見され、2014年にはイタリア北部のワイン産地ロンバルディア州に北上していた。スイス政府とティチーノ州は拡大防止のため、イタリアに向かう国道で旅行者らに文書を配り、州内に持ち込まないよう呼びかけている。

(ここまで314文字 / 残り89文字)

<以下省略>

※引用元:

日本の害虫、スイスで初発見…温暖化で欧州北上

http://www.yomiuri.co.jp/science/20170731-OYT1T50070.html


管理人の反応

(゚д゚) ワオ!


ネットの反応

  • 逆に日本の在来種が外来種になって海外で猛威を奮っているのをご存知でしょうか? わかめ、和金、鯉、カブトムシ、イタドリなど。
  • グローバル化の負の側面だけど、根本的な解決策って見つからないよな。水際対策が大事。
  • 外来種が日本上陸という話はよく聞くが在来種が海外進出という話は珍しい。今まで報道されてこなかっただけかも。
  • 国内でも特効薬がある訳でも無いからな~。なんとかスイスでの撲滅に協力したいところだけども、申し訳ないとしか言えない。本当すいません
  • ほら、目に見えるようになったら手遅れなんだよ、この惑星は、折り返し不能なんだよ。
  • こういう事例も当然あるわけで。もっとニュースになっていい話だし、気を付けなきゃいけない話。


























関連記事

お知らせ

人気ページランキング

プロフィール

フリーダム頑固オヤジ

Author:フリーダム頑固オヤジ
アニメ漫画ファン不遇の時代を生き抜いた燃えるオヤジとその仲間たち。

検索フォーム

相互RSS

お知らせ

お問合せ

多数のお問合せをいただいているため、返信できない場合があります。ご了承ください。

名前:
メール:
件名:
本文: