ホーム

記事一覧

RSS

「CD売るの、辞めました」 アイドルグループ「notall」がCDを無料配布する狙い


 notallは、SNSを通じてグループ名や楽曲、グッズなどを募集・採用する「次世代型ソーシャルアイドル」として2014年6月にデビューしたグループで、田崎礼奈さん、片瀬成美さん、佐藤遥さん、渡邊ちこさんの4人組だ。

 23日にリリースしたシングルCD「CD売るの、辞めました」は、SNSで公募した楽曲にシンガーソングライターの桃井はるこさんの詞を乗せた「#ハッシュタグはつけられない」と、昨年リリースした「ウサギツンデレラ」の2曲を収録した。

 ライブイベントで無料配布するほか、都内を中心とした協力店舗10店舗で配布する予定。CD配布に協力してくれる店も募集しており、既に全国6~7件の店舗から申し込みがあるという。Webから申し込めば、郵送(着払い)でCDを送ってもらうことも可能だ(数量限定)。

 新曲「#ハッシュタグはつけられない」はYouTubeやnotall公式サイトでフル版を無料で視聴できる。iTunesなど配信サイトでは150円で有料販売しており、「Apple Music」「AWA」など定額サービスでも配信している。

 なぜCDを無料配布するのか――プロデューサーの十字さんは、「新しい時代の音楽プロモーションに挑戦したい」と話す。「音楽の視聴形態が、ダウンロードや月額配信サービスに移っている。今後10年を考えた時、CDではない売り方をしなくてはならない」と。

 海外では廃れた音楽CDが、日本では延命している。その理由の1つが、CD購入者に握手券やグッズなどの特典を配布する、日本独特のビジネスだと言われている。

 notallもこれまで、CD購入者に握手券を配るなどのプロモーションを行ってきた。特典欲しさに何枚も買ってくれるファンもいたが、「1人に何枚も買ってもらうのは健全ではない」と、十字さんは考えるようになったという。

 今回、CDを無料で配布することで、「CDをむりに買わせるのではなく、自然な形で『欲しい』と思ってもらい、多くの人に聴いてもらえるきっかけにしたい」という。無料配布によってnotallの曲を聴いてくれる人を増やし、ファンが増えれば、ライブの来場者やグッズ販売、有料ダウンロード版の販売も拡大でき、ビジネスも成長させられるという考え方だ。

 CDは「欲しい人全員に行き渡るぐらいの数」は制作しており、最大10万枚配布する用意があるという。無料だからといって制作コストは惜しんでおらず、曲はしっかり作り込み、ジャケットや歌詞カードも付いている。ジャケットにARアプリ「COCOAR2」をかざすと特典コンテンツが楽しめる仕掛けも用意。「CDを“特典券”にするのではなく、CDそのもので価値を提供できるよう意識した」という。

※引用元:

「CD売るの、辞めました」 アイドルグループ「notall」がCDを無料配布する狙い

http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1707/25/news101.html


管理人の反応

(*´-`*)


ネットの反応

  • 無謀だが面白いことをやるなぁ。宣伝プロモ費用だと思えば全然アリなんだが…。僕は音楽でも出版物でも形にした方が最終的には皆幸せになると信じている。
  • 同じ商法ばかりでなく、色んなアプローチはあっていいかと。ただ、広告収入云々は、音源配信サイトあたりでも散々模索され、ほぼ全滅だったよね。
  • 今は知名度の時代だからな。テレビではなくネットでの発言力がなかったら、何も発信できない。無料CDの話題提起は知名度につながるとは思う。 ---
  • 知る→気にする→ファンになる という段階の最初の部分だよね。notallはここに力入れてる。もちろん接触も好感的。
  • IT革命の必然で…文学界隈なら「本タダでどうぞ…」になるんだよね。で、所謂「キャッシュポイント」は何処にするのって話になるんだけど…ない(^O^)
  • 語弊はあるが「無料なら聴いてみようかな」という心理に働きかけるのはフィジカル文化が根強く残る日本ではSpotifyよりも確実性が高い。
  • NEWS) ヲタクが金出してやってる事を運営がやるのはイイと思う。 成否は別として。


























関連記事

お知らせ

人気ページランキング

プロフィール

フリーダム頑固オヤジ

Author:フリーダム頑固オヤジ
アニメ漫画ファン不遇の時代を生き抜いた燃えるオヤジとその仲間たち。

検索フォーム

相互RSS

お知らせ

お問合せ

多数のお問合せをいただいているため、返信できない場合があります。ご了承ください。

名前:
メール:
件名:
本文: