ホーム

記事一覧

RSS

広井王子氏、昨年5月に37歳女性歯科医と電撃結婚

 1988年(昭63)のアニメ「魔神英雄伝ワタル」、96年から続くシリーズ「サクラ大戦」などで知られる、クリエーターの広井王子氏(63)が25日、37歳の一般女性と昨年に再婚していたことを明らかにした。

 広井氏は同日、都内で行われた原作、総監督を務めたゲームアプリ「ソラとウミのアイダ」発表会の壇上で、ゲームで主要キャラクターの声を担当する声優陣を選ぶ際のエピソードを語った。その中で「どんな声がいいのかなと、候補の120人くらいの声のサンプルを家で聞いたんですが…、たまたま去年、結婚しまして、奥さんがキャピキャピしている声を聞いて『何をやっているんですか?』と(仕事を)のぞかれた時、気まずかった。これは、仕事なんです…と」と言い、照れ笑いを浮かべた。

 広井氏はイベント後、ニッカンスポーツコムの取材に応じ「16年5月に入籍しました。(年齢は)37歳。(職業は)歯医者さんです。『ごはん、食べに行きませんか』って、ご飯食べて『結婚しません?』って…電撃結婚です」と答えた。妻は妊娠していないという。

 「ソラとウミのアイダ」は、広島県尾道市を舞台に、宇宙漁師を目指す6人の少女たちが、漁を守護する神々と獲物のモンスターを釣り上げる、宇宙魚捕獲アクションゲーム。海から魚が枯渇し、宇宙空間にいけすを設け、そこで漁業を行うようになった時代に、女性初の宇宙漁師を目指す6人の少女の成長を描く。

 広井氏は物語を3、4年前に考え、その根底に魚の漁獲高が減った漁業と、男女雇用機会均等法があると明かした。

 広井氏 魚がいなくなって、どうするかな、宇宙にいけすを作っていって、宇宙魚が面白いかなと。さんまが、取れないもんね…現実になってくる。僕は魚が育たない海を考えた。南極の氷河が解けて、魚が育たなくなったのか分からないけれど…どうするんだとなった時(漁業は)初めて農業になる。あるものを根こそぎ取っていたのを、種を作って宇宙に出て、魚を育て、管理して育てて捕る、ということがテーマ。たまたま男女雇用機会均等法という訳のわからないのがある中、1番厳しいのが漁師。男しかダメ、というのがかたくなに守られ、船に女性を乗せたくないというのがある。そういうものもテーマにしたら面白いかなと設定を考えた。

<以下省略>

※引用元:

広井王子氏、昨年5月に37歳女性歯科医と電撃結婚 - 結婚・熱愛 : 日刊スポーツ

https://www.nikkansports.com/entertainment/news/1861536.html


管理人の反応

(;´Д`) グスン


ネットの反応

  • 往年の若々しさが完全に消えとるなぁ。個人的にこの人は歳を取っても外見的に変化が見られないイメージだったが。
  • 広井さんも、ずいぶんお年を召したなぁ…。高校時代にラジオとか聞いていたのも、20年前の話だしね。もちろんワタルでその名を知りました。
  • 久しぶりに名前を見たと思ったら・・・お相手はワタルとかのファン層の年代だ。
  • この人とあかほりさとるは、ここ10年よくわからん。なんか方向性間違えてるように思える…
  • サクラ大戦ブラウザゲームは結局企画倒れか?スキャンダルのせいか? 歌謡ショウ系はたまにやっとるみたいやが、
  • 無断で「ミンキーモモ」を勝手に舞台化して原作者を激怒させ、内容自体にも「ミンキーモモ」のタイトルに偽りが在り、原作者を再度激怒させた事は一生忘れない
  • みんみん芸速(*・ω・*) 芸能にゅーすネット反応まとめ!


























関連記事

お知らせ

人気ページランキング

プロフィール

フリーダム頑固オヤジ

Author:フリーダム頑固オヤジ
アニメ漫画ファン不遇の時代を生き抜いた燃えるオヤジとその仲間たち。

検索フォーム

相互RSS

お知らせ

お問合せ

多数のお問合せをいただいているため、返信できない場合があります。ご了承ください。

名前:
メール:
件名:
本文: