ホーム

記事一覧

RSS

白鵬の「張り手」が物議 「横綱らしくない」のか


前人未到の通算1050勝を達成した横綱・白鵬(32)に「物言い」がついている。横綱審議委員会の北村正任委員長が、白鵬の「張り手」に「私はあまり良い印象を持っていない」と発言した。

白鵬は長く「一人横綱」として日本の大相撲界を支えてきた功労者だが、大記録を打ち立てても賛否が渦巻いている。

「一番上に立つ人が下の人のほっぺたを叩くのは...」

横綱審議委員会が2017年7月24日に東京・両国国技館で開かれ、元大関・魁皇の通算最多1047勝を名古屋場所で1050勝に塗り替えた白鵬に、特別表彰を授与すると決定した。白鵬は歴代2位の63連勝を記録した10年にも同表彰を受けていた。

一般紙・スポーツ紙の複数報道によると、この横審委で北村委員長は「大変な偉業だと思う」と絶賛しながら、「張り手など若干横綱らしくない」「一番上(の番付)に立つ人が下の人のほっぺたを叩くのは、禁じ手ではないが、印象がよろしくないとの意見もある。私はあまり良い印象を持っていない」と釘を刺している。

<以下省略>

※引用元:

白鵬の「張り手」が物議 「横綱らしくない」のか|ニフティニュース

https://news.nifty.com/article/entame/showbizd/12144-304153/


管理人の反応

(`o´) オオー


ネットの反応

  • 横審は、昔から場所中でも文句垂れてたのか。軽々に横綱に対して出処進退まで口にしていたのか。人によって態度も基準も変えていたのか。 そっちの方は、どうなんだい。
  • 本人の美学の問題で外野がとやかく言うことではないと思うが過去の日本の横綱たちはデカい外人力士に対して変化したり引いたりせずに真っ向勝負だったね。
  • 貴乃花親方が白鵬はかわすのが上手いと解説してたけど駄目とは言ってないし、若い力士に向けての攻略法のように話してた。それにしても白鵬が日本に残るとなると舞の○も少しは言葉を慎むかもね~
  • 物議もわかるけど、白鵬の打撃に打撃で返せる力士が出てくればいいのに、と思う。白鵬の鼻の骨を折るような力士が出てきたら、白鵬自身も嬉しいんじゃないかな。
  • お行儀良く組み合ってるのが観たいなら、社交ダンスでも観るのがよろしい。相撲は神事であり格闘技という世界唯一のスポーツなのですよ。


























関連記事

お知らせ

人気ページランキング

プロフィール

フリーダム頑固オヤジ

Author:フリーダム頑固オヤジ
アニメ漫画ファン不遇の時代を生き抜いた燃えるオヤジとその仲間たち。

検索フォーム

相互RSS

お知らせ

お問合せ

多数のお問合せをいただいているため、返信できない場合があります。ご了承ください。

名前:
メール:
件名:
本文: