ホーム

記事一覧

RSS

東国原氏、安倍首相の答弁が「ちょっと引っかかった」


 元宮崎県知事の東国原英夫氏(59)が24日、フジテレビ系情報番組「バイキング」(月~金曜・前11時55分)に生出演し、安倍晋三首相(62)も出席している衆議院の閉会中審査について「判断材料としてはよかった」と感想を述べた。

 加計学園の獣医学部新設問題について、東国原氏は「ほぼ予想通りの平行線。国民はこの答弁の仕方を見ながら、表情を見ながら、どっちかがうそついているんだろうなというの判断材料としては、この閉会中審査はよかった」とコメント。MCの坂上忍(50)も「僕らは政治のことを全部知っているわけではない。だからこそ、表情だったり、『記憶にございません』という一言でも言い方というものがある。そこが一番の判断材料になってくる」と同意した。

 東国原氏は続いて「人間ていうのは、やっぱり表情とか仕草に出る」と話し、さらに「一つ気になったのは、安倍さんが加計学園の申請を知ったのが今年の1月20日と言ったこと。国家戦略の長が、去年8回、9回、(友人の加計学園)理事長とゴルフや食事をしたのに、知ったのが今年の1月20日といったのがちょっと引っかかった」と疑問を呈した。

※引用元:

東国原氏、安倍首相の答弁が「ちょっと引っかかった」

http://www.hochi.co.jp/entertainment/20170724-OHT1T50132.html


管理人の反応

(゚д゚) オオ


ネットの反応

  • 東国原氏も知ったかぶりしていい加減だ。事前に担当官僚と細かく認可条件クリアなど詰め申請するが、申請(受理)は略認可を意味している。そういった意味で、1月20に申請そして受理をしたということ。不自然ではない。
  • 東国原も所詮はマスコミ御用達の解説者モドキだろ。マスコミに飯を食わせてもらってる奴が公平中立な意見を言えるわけない。
  • 東国原も坂上忍も事実経過やWG原氏、獣医師会の議事録内容も報道せず、表情や仕草で判断ってそんなに人を見る目があるのか?そんな主観でいいのか? 東国原英夫氏、加計問題めぐる安倍首相の答弁に「ちょっと引っかかった」
  • 何が仕草?言葉?規制緩和の条文が改正される度に、京産が不利になってるやん!わざとやん!どう考えても
  • ドげんかせんといかんのは放送法も守れない小銭稼ぎのコメンテーター気質だろ。


























関連記事

お知らせ

人気ページランキング

プロフィール

フリーダム頑固オヤジ

Author:フリーダム頑固オヤジ
アニメ漫画ファン不遇の時代を生き抜いた燃えるオヤジとその仲間たち。

検索フォーム

相互RSS

お知らせ

お問合せ

多数のお問合せをいただいているため、返信できない場合があります。ご了承ください。

名前:
メール:
件名:
本文: