ホーム

記事一覧

RSS

宇宙からの「謎の信号」の正体解明 プエルトリコ大学研究所


【7月22日 AFP】地球から11光年離れた赤色矮星(わいせい)「ロス128(Ross 128)」から発せられた特殊な信号について今週、地球外生命体ではないかなど、さまざまな臆測が飛び交っていたが、天文学者らはついに謎を解明した。

 正体は地球外生命体…ではなく、遠くの人工衛星からの干渉だった。信号は「ウィアード(Weird)!」と正式に名付けられている。

 プエルトリコ大学(University of Puerto Rico)アレシボ(Arecibo)校にある惑星居住可能性研究所(Planetary Habitability Laboratory)のアベル・メンデス(Abel Mendez)所長は21日、ブログに投稿し、「最も考えられる説明は、1つ以上の静止衛星からの送信信号」だと説明している。

 メンデス氏によれば、同信号がロス128の周辺だけに現れたのは、この矮星が「多くの静止衛星が存在する天の赤道の近く」に位置しているからだという。

<以下省略>

※引用元:

宇宙からの「謎の信号」の正体解明 プエルトリコ大学研究所

http://www.afpbb.com/articles/-/3136639


管理人の反応

(゚-゚) ウムウム


ネットの反応

  • せめて、ホモ・サピエンス・サピエンスとしてのシンギュラリティに至らないと。地球外生命とコンタクトを取る事は難しいと思う。
  • AFPより。宇宙からの「謎の信号」の正体解明、プエルトリコ大学研究所が遠くの人工衛星からの干渉だったと発表・・・ガッカリ。別の惑星系に住む宇宙人からの交信かな?と半ば本気で期待しとったのに。
  • 田中ロミオ的に、心が芽生えた人工衛星からのメッセージなのかもしれない。(あっちは探査機だけど)
  • きちんと解明し、きちんと公にする。日本社会(特に文系)ではあまりできてない科学的な態度が素晴らしい
  • 宇宙人どれだけシャイなんだよ。 そろそろメッセージくれてもいいと思うぞ。スタンプだけでも。
  • チュパカブラは宇宙人のペットとして有名。つまり実はヤバイ案件で早々に事態の収拾を・・・アブダクション・・・


























関連記事

お知らせ

人気ページランキング

プロフィール

フリーダム頑固オヤジ

Author:フリーダム頑固オヤジ
アニメ漫画ファン不遇の時代を生き抜いた燃えるオヤジとその仲間たち。

検索フォーム

相互RSS

お知らせ

お問合せ

多数のお問合せをいただいているため、返信できない場合があります。ご了承ください。

名前:
メール:
件名:
本文: