ホーム

記事一覧

RSS

ビットコインの取引停止、前倒し 「分裂危機」23日にも


 ビットコインはP2P方式の仮想通貨で、政府や中央銀行などの管理機関が存在しない。取引データを記録した「ブロック」を連鎖させた「ブロックチェーン」技術により、多重利用や改ざんを防いでいる。だが、利用者の急増でデータ量が増え、取引確定に時間がかかるようになったため、仕様を変更する議論が行われている。

 ただ、新仕様の案をめぐり、(1)これまでのビットコインとの互換性を保つ「ソフトフォーク」の支持者、(2)互換性は保てなくなる「ハードフォーク」の支持者、(3)ソフトフォークをした上でハードフォークの実行を支持する者――などに派閥が分裂。フォークによってブロックチェーンが半永久的に分裂し、併存する可能性が出ている(関連記事)。分裂後、どちらかの仕様が使われず、そこでの取引が無効になる可能性もある。

<以下省略>

※引用元:

ビットコインの取引停止、前倒し 「分裂危機」23日にも

http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1707/21/news132.html


管理人の反応

(゚o゚) オオ


ネットの反応

  • 【白鴎大学法政策研究所叢書。アメリカ連邦所得課税法の展開。石村耕治。財経詳報社】 個人所得課税(多様な非法人事業体を含む)。 法人所得課税。 源泉課税
  • 日本はガラパゴスな国だから、一時下落しても、持ってる人の手で値戻りするんだろうと思う。マウントゴックスの時みたく、値下がったら持つだけ持っておけば?
  • ITmedia NEWS 俺は六月末には対処してたし、別に大した問題じゃないと思うけどね。だってもっと前から言われていた事だし、騒いでいるのは最近知った人達じゃない?
  • 仮想通貨は最初の掘りやすいときが美味しいから、新しい仮想通貨が次から次に出る。アルゴリズムは確立しているからね
  • 日本のビットコイン取引所13社が、ビットコインの受け入れ・引き受け停止措置を前倒しに。8月1日に予想されている“分裂”危機が7月23日にも起きかねないという。
  • 送金手数料が0.5倍で、時価が2倍! 手数料BTC建てで表示するから、「下がったら嫌だが上がりすぎると使いにくい」ジレンマなんだと思う


























関連記事

お知らせ

人気ページランキング

プロフィール

フリーダム頑固オヤジ

Author:フリーダム頑固オヤジ
アニメ漫画ファン不遇の時代を生き抜いた燃えるオヤジとその仲間たち。

検索フォーム

相互RSS

お知らせ

お問合せ

多数のお問合せをいただいているため、返信できない場合があります。ご了承ください。

名前:
メール:
件名:
本文: