ホーム

記事一覧

RSS

沢田研二、短髪に「どうすんのよ」50周年ツアーはじまる


 歌手の沢田研二(69)が16日、東京・渋谷のNHKホールでデビュー50周年記念ツアーをスタートさせた。

 冒頭、2歳の頃からザ・タイガース時代を経て、現在までの自身の映像を約4分間上映し、「あれは私じゃない。親戚の子です」とおどけた。満員の3500人を前に「まだこんなにいっぱいのお客さんの前で歌えることはうれしい。年月がたてば50年たってしまうんだなと思いながら、この幸せをかみしめながら最後まで務めたい」と歌い始めた。

 67年のザ・タイガースのデビュー曲「僕のマリー」、ソロ曲「勝手にしやがれ」「TOKIO」、最新曲「ISONOMIA」などをワンコーラスずつほぼノンストップで熱唱。ステージを走り回りながら、50周年にちなんで本編で50曲を歌い切った。還暦を迎えた2008年に東京ドーム公演で披露した6時間、80曲に次ぐ曲数でファンを沸かせた。

<以下省略>

※引用元:

沢田研二、短髪に「どうすんのよ」50周年ツアーはじまる

http://www.hochi.co.jp/entertainment/20170716-OHT1T50145.html


管理人の反応

(゚д゚) マジ


ネットの反応

  • かつてはロングヘアがトレードマークだった沢田だが、今年5~6月に僧侶役を演じた主演音楽劇「大悪名」の役作りで髪をそり上げた。この日は、まだ伸びきっていない短髪が気になる様子。
  • この写真をプリントして壁の高いところに貼り付け、それをじーっと見ながらやがて身悶えして「ジュリー!」って、今の樹木希林さんにやってほしい。
  • かなり印象変わるなあ。別人みたい。 「今年5~6月に僧侶役を演じた主演音楽劇「大悪名」の役作りで髪をそり上げた。」
  • プライドを保持し、地道にライブ活動を展開し、旺盛な創作意欲を継続していることに敬服します。
  • 沢田研二さんは小生にとって永遠のスター。憧れ。もちろん歌い手としても、学ぶ事 多し。尊敬してます。どんなお姿になろうともジュリーはジュリーです!
  • 沢田研二が、津川雅彦とビリージョエルの”危険なふたり”を足した”勝手にしやがれ”状態に!?
  • 《沢田研二》…老けたなぁ…。(大汗) 《光陰矢の如し》…もっと《今》をしっかり生き抜かないと…。


























関連記事

お知らせ

人気ページランキング

プロフィール

フリーダム頑固オヤジ

Author:フリーダム頑固オヤジ
アニメ漫画ファン不遇の時代を生き抜いた燃えるオヤジとその仲間たち。

検索フォーム

相互RSS

お知らせ

お問合せ

多数のお問合せをいただいているため、返信できない場合があります。ご了承ください。

名前:
メール:
件名:
本文: