ホーム

記事一覧

RSS

鈴木紗理奈、マドリード国際映画祭で最優秀外国映画主演女優賞


 女優でタレントの鈴木紗理奈(40)が15日(日本時間16日)、スペインのマドリード国際映画祭で、映画「キセキの葉書」(19日から関西先行公開、11月4日から全国公開、ジャッキー・ウー監督)の演技によって最優秀外国映画主演女優賞を受賞した。

 ノミネートを受けて13日から現地入りしていた紗理奈は、名前が読み上げられると驚きの表情を浮かべたまま登壇。「いつも自分が関わる仕事を信じてやってきましたが、主演女優賞というのは自分の人生の中で考えてみたことはありませんでした。ましてや、このような国際的な映画祭で…。今回も映画に関わる多くの皆さんとジャッキー監督を100%信頼してやってきました。今夜は自分の人生にとって最高の日です」と涙声で語った。

 「キセキの葉書」は1992年に芸能界入りした紗理奈にとって初の主演映画。脳性まひの娘と認知症の母親を抱えた主婦という難役を体当たりで演じた。

<以下省略>

※引用元:

鈴木紗理奈、マドリード国際映画祭で最優秀外国映画主演女優賞

http://www.hochi.co.jp/entertainment/20170716-OHT1T50114.html


管理人の反応

(゚д゚) マジ


ネットの反応

  • 暴言吐く議員さんとか、不倫をあげつらう奥さんとかの音声や動画の話なんかもうどーでもいいから、こういう評価された人を紹介する記事が増えればいいな。
  • 受賞した映画は阪神淡路大震災から半年の兵庫県西宮市が舞台。 ロケ地も西宮市!
  • “阪神淡路大震災から半年、西宮市を舞台に難病の娘と認知症とうつ病を併発する母に挟まれながらも、度重なる試練を乗り越え、ひたむきに生きる主人公を描く実話に基づくドラマ”
  • 選考委員は「過酷な人生を明るく演じた鈴木紗理奈の演技が、ともすれば絶望的になりかねない観客の気持ちを軽やかにした」と評価した。>
  • 昔紗理奈に似てると一瞬言われた。眉毛だけだとおもうけど。 にしても、なんか年も近いし、年関係なく一生懸命やってたら評価してもらえて、素敵だね✨























関連記事

お知らせ

人気ページランキング

プロフィール

フリーダム頑固オヤジ

Author:フリーダム頑固オヤジ
アニメ漫画ファン不遇の時代を生き抜いた燃えるオヤジとその仲間たち。

検索フォーム

相互RSS

お知らせ

お問合せ

多数のお問合せをいただいているため、返信できない場合があります。ご了承ください。

名前:
メール:
件名:
本文: