ホーム

記事一覧

RSS

ガンダム「ハロ」ついに実現? 宇宙船内を自在に移動・撮影 JAXAがドローンを試験運用


 宇宙航空研究開発機構(JAXA)は14日、国際宇宙ステーション(ISS)の日本実験棟「きぼう」の内部を自在に移動し、飛行士に代わって撮影を行う小型無人機(ドローン)の試験運用を始めたと発表した。宇宙用のドローンで実用化を目指すものは世界初という。

 このドローンは「イントボール」。直径約15センチの球体で、筑波宇宙センター(茨城)の管制員の遠隔操作に従い、内蔵のファンと姿勢制御装置を使って無重力空間に浮かびながら移動する。静止画と動画を撮影できるが、マイクはなく音声には対応できない。試験で効果が確認できれば10月にも実用化する。

 JAXAが開発し、6月に米国の物資補給機でISSに2台が運ばれた。開発費は約2千万円。外見は人気アニメ「機動戦士ガンダム」に登場する球形のロボット「ハロ」に似ている。ただ、ハロと違って話すことはできない。

<以下省略>

※引用元:

ガンダム「ハロ」ついに実現? 宇宙船内を自在に移動・撮影 JAXAがドローンを試験運用

http://www.sankei.com/life/news/170714/lif1707140040-n1.html


管理人の反応

(゚-゚) ウム


ネットの反応

  • 分かってないよ! 「ハロ」ぢゃねーだろ! 『マシンマン』か『テラホークス』の、アシスタントキャラだろ!
  • まだしゃべれないそうですが、いずれは…。その際声を誰にお願いしたいかで世代の壁ができそうな:ガンダム「ハロ」ついに実現?
  • JAXAも遊び心が無いな。このドローンの名に「ハロ」と付けたいと打診したとしても否定はされなかったと思うが。
  • すごい!人間が想像したものが現実に近づいとる!
  • ハロというよりも「テラホークス」の「ゼロイド」みたいだ(^^; 会話は出来ないが後付けで会話機能を付けるのは難しくないだろう
  • SankeiBiz(サンケイビズ) 「脳波レベル、落ちてる」とか言う機能はないようだ。


























関連記事

お知らせ

人気ページランキング

プロフィール

フリーダム頑固オヤジ

Author:フリーダム頑固オヤジ
アニメ漫画ファン不遇の時代を生き抜いた燃えるオヤジとその仲間たち。

検索フォーム

相互RSS

お知らせ

お問合せ

多数のお問合せをいただいているため、返信できない場合があります。ご了承ください。

名前:
メール:
件名:
本文: