ホーム

記事一覧

RSS

鳥頭でないカラスの「未来計画」能力、研究


【7月14日 AFP】頭の良い鳥として古くから知られるカラスだが、この鳥は「先の計画」を立てる能力も持っているとする研究論文が13日、発表された。この「未来計画」能力をめぐっては、これまで人と大型類人猿だけが持っているものと考えられていた。

 米科学誌サイエンス(Science)に掲載された論文によると、研究では大型種のカラスであるワタリガラスを対象に一連のテストを実施。その結果、この鳥に先の課題に関する重要な情報を記憶できる能力があることが明らかになったという。

 さらに驚くべきことに、自然界では起こり得ないであろう道具の使用や物々交換などの行動においても、カラスはその能力を発揮した。

 これまでの研究では、カラス科の鳥の一部に、後で食べるために餌を隠しておくなどの先を見越して計画を立てる能力があることが判明していた。だが今回の実験では、カラスが後でさらに良いご褒美を得るために、目の前のご褒美に飛びつくのを賢く自制できることも明らかになった。

<以下省略>

※引用元:

鳥頭でないカラスの「未来計画」能力、研究

http://www.afpbb.com/articles/-/3135731


管理人の反応

(゚o゚) オオ


ネットの反応

  • 人間の思惑通りに動くから賢い、そうでないからバカとは一概に判断できないと思う。中には性格の悪い種もいてワザと頭の悪いフリをしてるだけかもしれない。ゴキブリはピンチになるとIQ300超える!
  • 高齢者が急にキレる理由…慶成会老年学研究所所長・宮本典子 理由なく勝手にキレる高齢者よりも、カラスの方がマシだな。
  • 道具を使いこなせ、更に火を操れる様になったら、人間の進化と同様になる…が、その辺りはどうなんだろう? AFPBB News
  • (AFPBB News) LINEアカウントメディア 泣き方も特徴ありますよ?いつもと違うと何かしらの、自然災害があったりします。
  • 非常に興味深い。とても面白かった「カラスの教科書」の著者・松原始さんの見解を伺いたい。鳥頭でないカラスの「未来計画」能力、研究(AFP=時事)
  • 論文によると、カラスはすぐもらえるご褒美より箱の中身の方が良いものであることを覚えていて、「類人猿で観察されるのと同レベルの自制行動」を示したという。


























関連記事

お知らせ

人気ページランキング

プロフィール

フリーダム頑固オヤジ

Author:フリーダム頑固オヤジ
アニメ漫画ファン不遇の時代を生き抜いた燃えるオヤジとその仲間たち。

検索フォーム

相互RSS

お知らせ

お問合せ

多数のお問合せをいただいているため、返信できない場合があります。ご了承ください。

名前:
メール:
件名:
本文: