ホーム

記事一覧

RSS

ストリートファイター、30周年の強さ ファン高齢化、覆した「eスポーツ」戦略


 カプコンの格闘ゲーム『ストリートファイター』シリーズが、今夏に誕生30周年を迎えます。新作を世に出し続けてきた一方、ブームを育んだゲームセンターは減り、ファン層の高齢化にも直面してきました。そこで活路となったのは米国をはじめ世界での「eスポーツ」への挑戦でした。(朝日新聞デジタル編集部・信原 一貴)

【画像】『ストV』迫力の大会、『ストII』の懐かし画像をご覧ください

 昨年12月、米カリフォルニア州で開かれた『ストリートファイターV』の世界大会。

 約8500人の観客の前で優勝を決めたのは、当時20歳の米国人男性NuckleDu氏でした。女子プロレスラーのキャラ、レインボー・ミカを操り、対戦相手の春麗を投げ飛ばして勝利した瞬間、会場のアナハイム・コンベンションセンターは大歓声に包まれました。

<以下省略>

※引用元:

「ストリートファイター」30周年の強さ カプコンの「eスポーツ」戦略 - ライブドアニュース

http://news.livedoor.com/article/detail/13336031/


管理人の反応

(゚д゚) マジ


ネットの反応

  • キーは、最初にゲームに触れるスマホ世代の10代の囲い込みかな。ゲーセンと据え置きゲーム機の強み、役割を考えていきたい所だなあ。
  • 「スポーツとは、一定のルールに則って営まれる競技のこと。」 スポーツ=肉体的のイメージが強くて初めて「eスポーツ」を聞いたとき「は?」
  • 悪い話じゃあない。 日本産のゲームも、Eスポーツに採用されるのであれば積極的に、売り込んでいくべきだと思う。 (っていうか、昨今のゲームを見ていると競技性が高いゲームが多くなってるし)
  • …色々思うことあるけどw あと賞金額は日本だと景品法の問題があるんだっけ。
  • 最近の日本の若い人ってスマホゲームかカードゲームってイメージ。



















関連記事

お知らせ

人気ページランキング

プロフィール

フリーダム頑固オヤジ

Author:フリーダム頑固オヤジ
アニメ漫画ファン不遇の時代を生き抜いた燃えるオヤジとその仲間たち。

検索フォーム

相互RSS

お知らせ

お問合せ

多数のお問合せをいただいているため、返信できない場合があります。ご了承ください。

名前:
メール:
件名:
本文: