ホーム

記事一覧

RSS

“在来種のアリはヒアリの定着を防ぐ”ネット上にウワサ広がる アリの研究者「在来種では勝負にならない」


 准教授はヒアリに刺された時の危険性について「警戒はするべきですが、アナフィラキシーショックさえ起こさなければ、命を落とす危険性は少ない」とコメント。しかし、アリ塚を踏んでしまうとそれをきっかけに襲ってくるケースがあるほか、子どもが誤ってさわってしまい襲われることもあり、その攻撃性の高さから油断は禁物としています。また、刺された時の痛みは強烈で「子どもであれば泣き叫んでしまうほど」だとか。

 人的被害に注目しがちですが、それ以外にも従来の日本の生態系を破壊してしまう危険性も。また、家畜への被害や植物の根にかみつくことによる植物への影響も懸念されているそうです。

※引用元:

“在来種のアリはヒアリの定着を防ぐ”ネット上にウワサ広がる → アリの研究者は「在来種では勝負にならない」

http://nlab.itmedia.co.jp/nl/articles/1707/10/news133.html


管理人の反応

(゚-゚) ウム


ネットの反応

  • 件の記事をリツイートしましたので謝罪と反省の意味も含めて家の前に変な像を置きます。
  • 名前が出ないってこと、あくまでたぶん、といってることからするとなんともいえねぇ感じ。とはいえ殺虫剤じゃダメ。
  • やはりTwitter上のデマだったか。ああいうの、専門家の発言でもないのにむやみに拡散せん方がいいと思うんだけどなぁ。
  • 事案発生→ネットで対抗策拡散→専門家が否定といういつものコンボ。
  • ヒアリ対策の話がいつの間にかネトウヨの話になってたとは… このどんどん話がずれてく感じがすげえ。
  • あとは越冬可能かどうか・・・寒い地域でも越冬できるなら定着しそうだな。
  • |あのツィートは変だと思ってた…。「弱点は無い」の一言が重い。天敵も居ないということ?。ヒアリの毒よりアレルゲンが危険


























関連記事

お知らせ

人気ページランキング

プロフィール

フリーダム頑固オヤジ

Author:フリーダム頑固オヤジ
アニメ漫画ファン不遇の時代を生き抜いた燃えるオヤジとその仲間たち。

検索フォーム

相互RSS

お知らせ

お問合せ

多数のお問合せをいただいているため、返信できない場合があります。ご了承ください。

名前:
メール:
件名:
本文: