ホーム

記事一覧

RSS

「まえがき」読み返したら涙が… 理科本の言葉、人生にも当てはまる 著者の元教諭「自分を肯定していい」


 今から20年近く前に発売された本の「まえがき」がネット上で話題になっています。「予想どおりにならなかったのは、失敗ではなく成功です」。中学生の理科の研究レポートをまとめた本ですが、今を生きる大人たちが自分の仕事や人生に重ね合わせて共感しているのです。筆者である元理科教諭に話を聞きました。

※引用元:

「まえがき」読み返したら涙が… 理科本の言葉、人生にも当てはまる - withnews(ウィズニュース)

http://withnews.jp/article/f0170706002qq000000000000000W00o10101qq000015509A


管理人の反応

(゚-゚) ウム


ネットの反応

  • 勉強の意味はいろんな教科で視野を広げて、考え方の幅を広げること。点数には意味はない。ただ、取った方が得。
  • "マラソンは一番速かった人が褒められて表彰されます。では、一番長い時間走っていた人はどうなのか? 頑張っていることに変わりはないんです"ってすごくいいよなぁ…
  • (私も清邦彦さんみたいな先生に教えを乞いたかったです。否定教育には辟易です。)
  • 先日ツイッターで話題になった、『女子中学生の小さな大発見』のことが記事になりました。大人が共感する理由…なるほど。
  • おかしいなー。同じようなことをレッスンで言っとるのに、なぜ私は話題にすら上らないのかなあ。 ・・・ま、これも現実。良し!
















関連記事

お知らせ

人気ページランキング

プロフィール

フリーダム頑固オヤジ

Author:フリーダム頑固オヤジ
アニメ漫画ファン不遇の時代を生き抜いた燃えるオヤジとその仲間たち。

検索フォーム

相互RSS

お知らせ

お問合せ

多数のお問合せをいただいているため、返信できない場合があります。ご了承ください。

名前:
メール:
件名:
本文: