ホーム

記事一覧

RSS

1700年前の女性統治者、最新技術で顔を再現 ペルー


【7月6日 AFP】南米ペルー北部で1700年前に生きていた女性統治者の顔を再現した胸像が4日、同国の首都リマ(Lima)で公開された。

 女性の顔は、2006年にトルヒーヨ(Trujillo)北郊のチカマ谷(Chicama Valley)にあるカオ・ビエホ(Cao Viejo)のピラミッドで発見されたミイラの頭蓋骨に基づき、最新の3D印刷技術を用いて再現された。4日のイベントではこのミイラも同時に公開された。

「カオの女性(Lady of Cao)」と呼ばれるこの女性は、北部沿岸地域で紀元後100年~800年に栄えたモチェ(Moche)文化時代の人物で、生前の権力を象徴する銅に覆われた木製の笏(しゃく)や金属製品と共に埋葬されていた。

 考古学者らによると、女性はペルーで存在が知られている中で最も古い女性統治者。この女性のミイラが見つかるまでは、スペイン人征服前のペルーでは政治的または宗教的な権力を有する女性は存在しなかったと考えられていた。

<以下省略>

※引用元:

1700年前の女性統治者、最新技術で顔を再現 ペルー

http://www.afpbb.com/articles/-/3134661


管理人の反応

(゚o゚) オオ


ネットの反応

  • この手の再現はよく見るのだが、検証実験が不十分だと思う。本来ならば「有名な人」の骨格を誰とは言わずに再現士(?)に渡して再現してもらい、どのくらい似ているかを検証してもらいたい。
  • ペルー(AFP=時事) 衣服の紋様の大きな千鳥格子のようなパターンがかっこいいなあ。これで通勤用にスカートとかあったら欲しいかも。
  • 日本には沢山在るんだからどんどん再現して公開すればいいのに。
  • 誰かに似てるんだが思い出せないが、あだ名を付けるとしたら「編集長」
  • ンー…なかなか美人?














関連記事

お知らせ

人気ページランキング

プロフィール

フリーダム頑固オヤジ

Author:フリーダム頑固オヤジ
アニメ漫画ファン不遇の時代を生き抜いた燃えるオヤジとその仲間たち。

検索フォーム

相互RSS

お知らせ

お問合せ

多数のお問合せをいただいているため、返信できない場合があります。ご了承ください。

名前:
メール:
件名:
本文: