ホーム

記事一覧

RSS

アニサキス、警戒で生魚離れ 安全性確立へ対策進む

 魚の寄生虫「アニサキス」による食中毒への警戒から消費者の生魚離れが進み、京都、滋賀の流通事業者や市場関係者が危機感を強めている。スーパーで刺し身の販売が低迷するなど影響が深刻化しており、京都市中央卸売市場などは対策の徹底を卸売業者に求めた。京都のメーカーが開発したアニサキスの検査装置の注文が相次ぐなど、安全性確立に向けた動きが広がっている。

 アニサキスは長さ2~3センチ、幅0・5~1ミリ程度の糸状で、サバやイカ、タラなどに寄生する。魚が生きている間は内臓に潜んでいるが、魚が弱ったり、死後に鮮度が落ちたりすると筋肉へと移動。食事を通して人の体内に入ると、胃壁や腸壁を刺すなどして、激しい腹痛を引き起こす。60度で1分以上の加熱するか、マイナス20度で24時間以上冷凍すると死滅する。

 芸能人がアニサキスの被害を報告したことをきっかけにあらためて注目を集め、生魚を避ける傾向が強まった。大手スーパー平和堂(彦根市)では、5月中旬からの約1カ月で刺し身などの生魚の売り上げが1割減少。広報担当者は「回復が見えない」と嘆く。食品スーパー「フレスコ」を運営するハートフレンド(京都市下京区)でも、生魚の売り上げが5%減っているという。京都市中央卸売市場では、5月のサバの平均単価が前年同月比で2割下落。「風評被害の影響も考えられる」(業務課)と危機感は強い。

<以下省略>

※引用元:

アニサキス、警戒で生魚離れ 安全性確立へ対策進む

http://kyoto-np.co.jp/environment/article/20170703000022


管理人の反応

(゚д゚) マジ


ネットの反応

  • マスコミという馬鹿達が必要以上に煽り、その記事を読んだ馬鹿達が大変だと狼狽し、魚離れを起こす。そしてマスコミは、しれっと過剰に反応しすぎないようになどの記事を書き、馬鹿達もそうだそうだと落ち着きだす。ワシから見ればコントと同じ。
  • 過剰に反応しすぎだわ。異常なまでの除菌抗菌と一緒。スマホやキーボードが菌まみれ?いやいや人体そのものがもう菌まみれでしょうよ。もうクリーンルームで暮らしたほうが良いんじゃないか? >
  • 韓国人に寄生されてる日本人なら耐性ついてるから大丈夫じゃね? アイツらは他人のカネに寄生して日本人の戸籍にまで寄生するこの世で一番厄介な凶悪で卑怯なウジ虫やからね。先ず韓国人対策を。
  • 正規のルートで入手していないor自分で釣った魚を食べてる人多いんじゃないかな。前々から、居るかもよ!アナウンスは鮮魚コーナーに注意書きあったしどうしてこうなった?
  • 寄生虫もそうだが、汚染水垂れ流し、ノロの直前ちょうど鯵の開きを食っていて、出した時の生臭さがトラウマになった。生臭いもの無理だわ…。
  • 豊洲市場の問題でも明らかなように国民には科学的議論なんてまるで通用しないので、こうやって簡単に風評被害だけは広がっていく。


























関連記事

お知らせ

人気ページランキング

プロフィール

フリーダム頑固オヤジ

Author:フリーダム頑固オヤジ
アニメ漫画ファン不遇の時代を生き抜いた燃えるオヤジとその仲間たち。

検索フォーム

相互RSS

お知らせ

お問合せ

多数のお問合せをいただいているため、返信できない場合があります。ご了承ください。

名前:
メール:
件名:
本文: