ホーム

記事一覧

RSS

名古屋港でも「ヒアリ」確認 定着を未然に防ぐために注意喚起


 愛知県弥富市鍋田ふ頭で発見されたアリが、強い毒を持つ南米原産の「ヒアリ」であることが6月30日に確認された。ヒアリは中国の広東省広州市の南沙港から出航した貨物船内のコンテナの外部で発見されたもの。国内では中国・広東省から兵庫県尼崎市に送られたコンテナおよび陸揚げされた神戸港でも発見されている。

 ヒアリは、南米原産で体長は2.5ミリ程度で体色は主に赤茶色。北米や中国、フィリピン、台湾等にも外来生物として侵入し定着している。6月27日に外来種とみられるアリ7匹をコンテナ上で作業員が見つけ、ヒアリの疑いがあるとして鑑定を依頼。30日になってヒアリと特定され発表に至った。発見されたアリは全て殺虫処分され死滅を確認している。現時点ではヒアリが当該地域周辺に定着し繁殖している可能性は低いとみている。

<以下省略>

※引用元:

名古屋港でも「ヒアリ」確認 定着を未然に防ぐために注意喚起 - エキサイトニュース

http://www.excite.co.jp/News/it_g/20170701/Itmedia_nl_20170701016.html


管理人の反応

(゚o゚) オオ


ネットの反応

  • これは、警報レベルなんでは・・・。他の国際港もヤバイかも。
  • 中国からの輸入を全面禁止しても、いいんじゃない? 他から輸入すればいいしょ… 中国の物、全て信用出来ないし…
  • ねとらぼ 殺さないで、1匹残らずまとめて元の中国に送り返してあげて。
  • 自民党と公明党は外来種対策さえおろそか。
  • 一旦タンパク質を溶かす溶剤を散布して ケツから出てる匂い
















関連記事

お知らせ

人気ページランキング

プロフィール

フリーダム頑固オヤジ

Author:フリーダム頑固オヤジ
アニメ漫画ファン不遇の時代を生き抜いた燃えるオヤジとその仲間たち。

検索フォーム

相互RSS

お知らせ

お問合せ

多数のお問合せをいただいているため、返信できない場合があります。ご了承ください。

名前:
メール:
件名:
本文: