ホーム

記事一覧

RSS

標準治療を遅らせた? 海老蔵“スピリチュアル信仰”の是非


 小林麻央さん(享年34)の逝去から、はや1週間、海老蔵一家はもとより、日本国民全員が悲嘆にくれている状況だが、今週発売の「週刊新潮」がある疑問を呈している。

 麻央さんは14年2月に人間ドックを受診。左乳房にしこりが見つかり、要再検査で都内の病院を受診したところ、白黒はっきりつかないため、3カ月後に再受診するよう促されたという。その8カ月後に再検査に訪れ、がんが見つかり、脇のリンパ節にも転移していることが明らかに。医師からは抗がん剤治療などの標準治療を提示されたが、これを断り、気功治療を行っていたというのだ。

 がんが見つかった段階で標準治療を行っていれば一般的には5年生存率で90%といわれているのだが、がん治療に訪れたのは発見から1年4カ月後。もうリンパが瘤のように腫れ上がり、乳房から膿が出るほどになっていたという。

※引用元:

標準治療を遅らせた? 海老蔵“スピリチュアル信仰”の是非|日刊ゲンダイDIGITAL

https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/geino/208528


管理人の反応

(゚д゚) マジ


ネットの反応

  • ちなみに標準治療を拒否した有名人というと、ジョブズは生存率の低い膵臓ガンだから諦めた。川島なお美は金の延べ棒で患部をさすった。
  • すごく難しい問題。若いからこそ今後の事を考えできるだけ切除しない方法を考えたい。でも若いからこそ進行ガンだからこそと。後から思う事色々ある。
  • 川島なお美も スティーブ・ジョブズも同様。 川島なお美は金の延べ棒を信じて、スティーブは座禅を組んだりしていた。
  • 真意は判らないが、この文章力の無い記事だけみると、医療=西洋医学のみって解釈か? これが治療の為に方位取りとか祈祷してたならわかるが、何でもかんでもスピ扱いはなぁ
  • コメ欄「本人と家族が出した答えに第三者がとやかく言う権利はない。 ただ、自分だったら、絶対にスピリチャル的な治療の選択肢は真っ先に消える」 ほぼ同じだがモヤモヤするよなあ
  • 人の命も時間も戻る事は無い。 この際、気功治療やらスピリチュアルやらで癌を治そうとした奴を詐欺罪で逮捕すべきだろう。 アフリカの黒魔術と大差無い。


























関連記事

お知らせ

人気ページランキング

プロフィール

フリーダム頑固オヤジ

Author:フリーダム頑固オヤジ
アニメ漫画ファン不遇の時代を生き抜いた燃えるオヤジとその仲間たち。

検索フォーム

相互RSS

お知らせ

お問合せ

多数のお問合せをいただいているため、返信できない場合があります。ご了承ください。

名前:
メール:
件名:
本文: