ホーム

記事一覧

RSS

二条城外堀、水草が異常繁茂 京都、生け垣手入れ逆効果

 世界遺産・二条城(京都市中京区)の外堀で、水草が異常繁茂している。管理する京都市が先ごろ、城の見栄えをよくしようと外堀を囲む生け垣などを手入れしたところ、逆に水草が水面を覆い尽くす景観がより目立つ事態になった。夏場にかけてさらに勢力を増しそうな思わぬ「強敵」の襲来。創建以来の「防城戦」へ市は懸命に策を巡らせるが、今のところ必勝の布陣は見いだせないでいる。

 市によると、異常繁茂しているのは、水底から生えるキンギョモ、水面に浮かぶウキクサ、アカウキクサの3種。3年前から見かけるようになったといい、梅雨から夏場にかけて増殖し、城の四方を取り囲む外堀(外周1・8キロ)の水面をほぼ覆い尽くすこともある。外堀と水路でつながる内堀(同0・4キロ)への侵入は確認していないという。

 市は今月までに歩道から城をよく眺められるようにと、外堀周辺を手入れした。正面に当たる東大手門の東側では生け垣を撤去。江戸時代にあったとされる木の柵に取り換え、残る三方では生け垣を高さ1・1メートルに刈り込んだ。だが、皮肉にも外堀に目立つのは水草ばかりになり、近くに住む中京区文化協議会長の宮崎健次さん(83)は「毎日のように散歩しているが、見た目が美しくない」と嘆く。

<以下省略>

※引用元:

二条城外堀、水草が異常繁茂 京都、生け垣手入れ逆効果

http://www.kyoto-np.co.jp/top/article/20170630000116


管理人の反応

(゚o゚) オオ


ネットの反応

  • |一概には言えないけど、コイなどの外来種が、水草を食べる生物を激減させて、バランスが崩れてるとか?。 テレビ番組「池の水ぜんぶ抜く」とかだと、そういう話も出てくる
  • これの責任は誰が負うの?!お役所仕事と言われ続けれる要因だよね・・・。会社なら解雇的な事案だよ。(苦笑)
  • 絶対に、テレ東のあの番組が頭に浮かんだ人いると思う(笑)池ならぬお堀の水抜いたら…ってか。ちょっと壮大過ぎるな。
  • これ桐生競艇の事案に似てる。鉄板沈めて対応してたよなあ。生き物も避けられたはず
  • 高校がこの城の隣でたまにこの城一周ランニングをサッカー部の練習でしてました。
  • キンギョモは正式には「マツモ」と言うのだが、熱帯魚水槽なんかでグングン増えるので、多分、誰か捨てたんやろな。


























関連記事

お知らせ

人気ページランキング

プロフィール

フリーダム頑固オヤジ

Author:フリーダム頑固オヤジ
アニメ漫画ファン不遇の時代を生き抜いた燃えるオヤジとその仲間たち。

検索フォーム

相互RSS

お知らせ

お問合せ

多数のお問合せをいただいているため、返信できない場合があります。ご了承ください。

名前:
メール:
件名:
本文: