ホーム

記事一覧

RSS

小倉智昭、安藤優子リストラ危機 “コストカッター”フジ宮内新社長の標的か


 あの大物2人も“リストラ候補”か? 28日に行われたフジテレビの親会社「フジ・メディア・ホールディングス(FMH)」の株主総会は、予想以上に大紛糾、亀山千広氏(61)の後任、宮内正喜新社長(73)の前途は多難と言わざるを得ない。たとえ「BSフジ」の社長としてトップの業績を残した宮内氏といえど、長い視聴率低迷のトンネルを抜けるのは至難の業。そんななか局内から飛び出したのは、長寿バラエティー番組の打ち切りと大物司会者のリストラ説だ。

 2016年度の視聴率が民放4位に落ち込み「振り向けばテレビ東京」が、冗談だと笑えなくなったフジテレビを有するFMH総会は、昨年に引き続き大荒れとなった。

 午前10時に開始された総会は、終了予定時刻の正午を過ぎても、株主との質疑応答が続いた。最終的には質疑応答を打ち切る形で“強制終了”。FMHの代表取締役会長を退任し、相談役に就任した日枝久氏(79)に対しては「形ばかりの退任で実質的には院政」との声もあり、株主から「辞めろ!」などの激しいヤジが飛ぶ場面もあったという。

<以下省略>

※引用元:

小倉智昭、安藤優子リストラ危機 “コストカッター”フジ宮内新社長の標的か

http://www.tokyo-sports.co.jp/entame/entertainment/703403/


管理人の反応

(;´Д`) グスン


ネットの反応

  • フジテレビの番組はBSも含めて総じて面白くない!今一度原点回帰し、女子アナ依存の番組構成には新鮮味に欠ける上に番組内容が薄っぺらく思います。徹底したリサーチの上BSも含めて見直しを切望する。
  • この二人は真っ先にクビにすべき老害。 とくダネとグッディの枠は泉放送制作に丸投げせず、自社制作で十分コスト削減可能。
  • NHK、テレ朝TBSのニュース番組は殆ど若いアナウンサーが担当している。自民党を批判できないような番組ではおそらく視聴率は稼げないだろう。復活することを祈る。
  • 本気で復権するつもりがあるなら、他局と同じ時間にほぼ同じ内容を放送してるようなワイドショーや信用の無い報道も見直すべきだよね。改革すべき場所しかないレベル
  • 上記二人は世間から必須な存在ではもはやないし、新たな道を歩む狼煙をあげるために断行してもそれほど批判はなさそう。
  • まあ東スポ。 改編時期毎にこういう記事出るが、あまり当たった試しがない。てか言い続けたらいつか当たるべ精神やめーや。
  • 「『報道のフジテレビ』という路線を目指していくのでは」←最近は特に、誤報(ネットからのコピー&ペースト)を繰り返してるのに?有り得んでしょ。


























関連記事

お知らせ

人気ページランキング

プロフィール

フリーダム頑固オヤジ

Author:フリーダム頑固オヤジ
アニメ漫画ファン不遇の時代を生き抜いた燃えるオヤジとその仲間たち。

検索フォーム

相互RSS

お知らせ

お問合せ

多数のお問合せをいただいているため、返信できない場合があります。ご了承ください。

名前:
メール:
件名:
本文: