ホーム

記事一覧

RSS

ソニー、レコード国内生産を29年ぶり再開 人気再燃受け


 近年、アナログレコードの人気が再燃。日本レコード協会によれば、2016年の国内生産枚数は79万9000枚と過去10年間で最多に。10年間で最も落ち込んだ09年(10万2000枚)と比べると約8倍に増えた。人気を受け、ソニーはアナログレコードをハイレゾ音源に変換するターンテーブルも発売している。

※引用元:

ソニー、レコード国内生産を29年ぶり再開 人気再燃受け

http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1706/29/news069.html


管理人の反応

(`o´) オオー


ネットの反応

  • NEWS) 今年2月、東京都内のレコーディングスタジオにラッカー盤に溝を刻むカッティングマシンを導入し、収録したその場で原盤(マスター)を制作できる環境を整えた。
  • 問題はここまで順調に育ってきたアナログレコード市場をどう維持するかだよね。 このままいくと供給過多で倒れるのは目に見えているから。 どうやってユーザーを蘇らせるかが重要。
  • NEWS) 不定期にやってくるレコードブーム。まあこれがないと針の供給止まりかねないから一部局所的には有り難い話ではあろうな。
  • NEWS) 進歩という名の音質劣化の反動かなぁ?LPプレーヤーとっくに処分してるし。どうすっぺ?
  • 高校の頃、レコードからCDへの移行が始まった。 レコードは、日本と西ドイツ(!)のプレスが技術が高いため、音質が良いなんて聞いたことがある。
  • ここ最近、アナログが元気なのを見て嬉しい。けど、レコード用の音源がデジタルマスターだとしたらあまり意味ないような……。収録からアナログにしないと。
  • ヒズノイズから開放されてきれいな音楽を聴きたい要望がCDやデジタル化に進んだのに。昔に戻るか。...


























関連記事

お知らせ

人気ページランキング

プロフィール

フリーダム頑固オヤジ

Author:フリーダム頑固オヤジ
アニメ漫画ファン不遇の時代を生き抜いた燃えるオヤジとその仲間たち。

検索フォーム

相互RSS

お知らせ

お問合せ

多数のお問合せをいただいているため、返信できない場合があります。ご了承ください。

名前:
メール:
件名:
本文: