ホーム

記事一覧

RSS

麻央さん、死は防げなかったのか…ブログに書けなかった思い 「家族性」への疑い、「早期手術」の必要性


 乳がんとの壮絶な闘病の末、34歳の若さで22日に死去した歌舞伎俳優、市川海老蔵(39)の妻、小林麻央さん。がんとの闘いを前向きな言葉でブログで発信し、病に苦しむ人たちを励ましてきた。しかし、幼い子供2人を残す不安や、その死は防げたのではないかとの悔恨など、治療の経緯からブログには書けなかった思いもあったとみられる。

 「愛してる」と最期の言葉を海老蔵に遺して旅立った麻央さん。妻への思いを涙ながらに語った会見から一夜明けた24日、海老蔵はいつもと変わらずブログを更新。ただ、麻央さんの横で毛布にくるまる長女の麗禾(れいか)ちゃん(5)の姿が涙を誘う。

 麻央さんはがんを公表した3カ月後の2016年9月にブログを開設し、自身の闘病と、それを支える家族の様子を報告し続けた。計352回にわたる投稿は、同じ病と闘う人たちに勇気を与えてきた。

<以下省略>

※引用元:

麻央さん、死は防げなかったのか…ブログに書けなかった思い 「家族性」への疑い、「早期手術」の必要性

http://www.zakzak.co.jp/ent/news/170626/ent1706261435-n1.html


管理人の反応

(゚-゚) ウム


ネットの反応

  • 「家族性」への疑い、「早期手術」の必要性(夕刊フジ)死は防げたと考えます。何故、疑いのあった受診者にダブルチェックをしなかったのか?私はドクターの考え方に強く疑問を感じます。
  • 私の義理の父親も40代で胃がん。私っも約半年前にメラノーマで人差し指を失った。私の場合は1年間放置していたが転移はなかった!
  • 「家族性」への疑い、「早期手術」の必要性(夕刊フジ)きっと特効薬はあるんやろな。そうなったら、薬も売れんし、医者も儲からんからなー。
  • 結局は結果論になってしまう…。難しい。セカンドオピニオンを受けたとしても、どうだったか分からない。ただ、検診は必要。
  • 抗ガン剤や放射線が人体に及ぼす悪影響やガンに対する効果に関してもきちんと人類は対峙するときな気がする。


























関連記事

お知らせ

人気ページランキング

プロフィール

フリーダム頑固オヤジ

Author:フリーダム頑固オヤジ
アニメ漫画ファン不遇の時代を生き抜いた燃えるオヤジとその仲間たち。

検索フォーム

相互RSS

お知らせ

お問合せ

多数のお問合せをいただいているため、返信できない場合があります。ご了承ください。

名前:
メール:
件名:
本文: