ホーム

記事一覧

RSS

住田弁護士 東大後輩の暴言議員は「超じゃない、準エリートぐらい」


 弁護士の住田裕子氏が22日、日本テレビ・読売テレビ系「情報ライブ ミヤネ屋」で、週刊新潮に元秘書への暴言、暴行が報じられた自民党の豊田真由子議員について「超エリートではない」とバッサリ。華麗な経歴が取りざたされる豊田議員に対し、同じ東大法学部の先輩として、「内心溜まっていたものがあったのでは」と指摘した。

 番組では、豊田議員の暴行、暴言疑惑について特集。豊田議員が言ったものと思われる音声データも紹介し、そのすさまじい罵り方などを放送した。また豊田議員の華麗な経歴も紹介。名門の桜蔭高校から東大法学部を卒業し、厚労省へ入省。米・ハーバード大大学院への留学などのプロフィールも報じた。

 宮根は「超エリートですよ。自分は仕事が出来るから、他の人がバカに見えちゃうのかな」とコメントすると、住田弁護士は「でも、私から言わせたら超エリートではない。準エリートぐらい」とバッサリ。「厚労省に(同期は女性)1人ですけど、本当にそこに入りたかったのか。本当に福祉をやりたかったのか私は疑問です」と意見を述べた。

 更には経歴の画面を見ながら「その道のりを見ても、次官コースの超エリートではない。(なので)どっかで物足りないものがあったので、政界に転身したのではと、同じ東大だから思うんですけど」と、東大女子の先輩として、豊田議員の心情を推察。「順風満帆に見えつつ、内心ではたまりにたまったものがあって、選挙も必死なのでドブ板やって、だからちょっとしたミスでもああやって八つ当たりしてるんだなって」と自身の感想を述べた。

<以下省略>

※引用元:

住田弁護士、東大後輩の暴言議員は「超じゃない、準エリートぐらい」/デイリースポーツ online

https://www.daily.co.jp/gossip/2017/06/22/0010304713.shtml


管理人の反応

(゚o゚) オオ


ネットの反応

  • 一般の感覚では全くないのは承知の上だけど、ああこれ、ほんとそうなんだろうな。 結局は自分の周囲の人間がベンチマークになるので。
  • 次元が高すぎる。 官僚から政治家に転身する人は皆次官コースを外れた人だと聞いたことがあるから恐らく事実なのだろう。
  • 宮根君は自分は不倫して相手に子供まで生ましているのに三流TV日テレとCXで批判ばかりしているんだね。三流人間だからしょうがないか。
  • エリートは普通の人達を馬鹿にしているように見える。そんな人達が政治家になればお金をちょろまかしたりするのが普通なのかも。
  • 確かに厚労省だとエリートとは言えないかな。そもそも東大法学部で優秀な人が官僚にならなくなってきていた世代だし。あと、暴言と経歴とのギャップに驚いたという高木美保の発言もあったけど、むしろ桜蔭→東大という経歴だとやりそうだとしか
  • 名解説だと思います。 いまどきの社会では絶滅したかに思われた、超ド級のハラスメントの原因は、超エリートになれなかった劣等感にあった!


























関連記事

お知らせ

人気ページランキング

プロフィール

フリーダム頑固オヤジ

Author:フリーダム頑固オヤジ
アニメ漫画ファン不遇の時代を生き抜いた燃えるオヤジとその仲間たち。

検索フォーム

相互RSS

お知らせ

お問合せ

多数のお問合せをいただいているため、返信できない場合があります。ご了承ください。

名前:
メール:
件名:
本文: