ホーム

記事一覧

RSS

「フジのドラマには二度と出ない」とまで言い放った小栗旬

 すでに最終回を迎えた4月クールのフジテレビ系ドラマ「CRISIS 公安機動捜査隊特捜班」に西島秀俊とW主演していた、俳優の小栗旬が放送シーンをカットした同局に対して怒りをあらわにしていたことを、発売中の「週刊新潮」(新潮社)が報じている。

 ほかの同局のドラマが軒並み視聴率1ケタに落ち込む中、同ドラマは全話平均10.5%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)で終了。同誌によると、小栗にとっては原作者の金城一紀さんと5年間構想を練った作品とあり、人一倍思い入れが強かったという。

 シーンがカットされたのは、5月2日放送の第4回。冒頭、小栗らが演じる特捜刑事たちが、玩具のロケットと戯れるシーンからスタートするが、その前にテレビから「北のロケットは発射失敗」というニュースが流れる場面があったのだという。

 ところが、オンエア時期は北朝鮮情勢が緊迫。視聴者に誤解を与えるという理由から、そのシーンをカットして放送。制作の関西テレビからそのことを放送直前に知らされた小栗は、「早く教えてくれていれば撮り直しもできた」と怒り心頭。「フジのドラマには二度と出ない」とまで言い放ったのだという。

 小栗は、テレビ局の幹部があまりにも“自主規制”することがテレビをつまらなくしている原因だ、と日頃からいら立っていた矢先だったのも怒りの原因だったという。

 「いまだに小栗の気性の荒さは有名で、関わった作品にかける情熱もかなりのもの。その感情が“暴走”してしまうと今回のような件が起こってしまった。とはいえ、小栗は同局のドラマシリーズ『信長協奏曲』がヒットし、映画版もヒット。同局の“功労者”だけに、出演拒否されたらシャレにならない」(テレビ関係者)

<以下省略>

※引用元:

「フジのドラマには二度と出ない」とまで言い放った小栗旬

http://npn.co.jp/article/detail/81326686/


管理人の反応

(゚д゚) マジ


ネットの反応

  • 「フジのドラマには二度と出ない」とまで言い放った小栗旬(リアルライブ)フジテレビが無くなったら逆にTV観る機会が減るんだけどな。何かとフジ批判する奴が理解できない。この件に限れば、小栗はフジに一定の理解を示すのが自然。
  • 7月から更につまらなくなるだろドラマ。今さら共謀罪の問題点を少し出す位のメディア。バカみたい。元々見てないけど
  • 最後の纏めの一文気に入らん。『小栗さんがなんか我儘で勝手に怒ってる』って感じに聞こえる。誰でも怒るよ(^-^)
  • 小栗の事務所は「フジテレビさんと新しいお仕事も進んでます」と・・・(o゚Д゚ノ)ノえっ?
  • これも結局、大人が根回し、事前のお知らせをしなかったからだね。できない大人だよ。人の気持ちを考えられないから。
  • 本当かどうかはどっちでもいいけど、とても期待外れなドラマだったことは確か。クソ退屈なドラマだったよ。


























関連記事

お知らせ

人気ページランキング

プロフィール

フリーダム頑固オヤジ

Author:フリーダム頑固オヤジ
アニメ漫画ファン不遇の時代を生き抜いた燃えるオヤジとその仲間たち。

検索フォーム

相互RSS

お知らせ

お問合せ

多数のお問合せをいただいているため、返信できない場合があります。ご了承ください。

名前:
メール:
件名:
本文: