ホーム

記事一覧

RSS

NMB須藤凜々花、秋元氏慰留も卒業決断…「恋愛禁止」のルールに持論も


 17日に行われたAKB48の第9回選抜総選挙の開票イベントで、突然の結婚発表を行ったNMB48・須藤凜々花(20)が21日、都内で会見を行い、改めて結婚を報告。すでにプロポーズを受けていることを明かした。妊娠については否定し、NMBを卒業することも発表した。

 総合プロデューサーの秋元康氏(59)からは「卒業しなくてもいいのでは」と、慰留を受けていたことも明らかになった。しかし、卒業後に結婚するという思いは強く、時期は未定ながら「卒業する考えでいます」と強調した。

 活動を続けながら恋愛していたことには「応援してくれるすべての方を裏切っているようにも感じて、ずっと葛藤がありました」とコメント。だが、AKBグループの暗黙の了解とされる「恋愛禁止」については「個人的な意見なんですけど、自分の判断に任せる、という感じのものだと認識していました」と発言した。

 さらに「グループの活動に一生懸命だったら、恋愛する暇はないと思ってたんですけど、人を好きになって思ったのは、恋愛禁止というルールで我慢できるのは、恋愛じゃないんじゃないかと思ってしまいました」と、正直な心境を吐露した。

 また、総選挙での発表となったことについては「自分の口で言わないという選択肢はなかった。総選挙で言うと決めたのは、いろんな人と、ギリギリまで相談して決めました」と経緯を説明、否定的な反応については「全部受け入れる」と後悔がないことを強調し、大島優子(28)、高橋みなみ(26)ら、OGから批判が噴出したことには「自分の勝手なことで、総選挙っていう今まで先輩方が築き上げて下さったことに水を差してしまったことには、すごく申し訳ないって思ってました。でも、どんな批判も覚悟していました。その上でも、そうしたいと思いました」と強い思いを口にした。

<以下省略>

※引用元:

NMB須藤凜々花、秋元氏慰留も卒業決断…「恋愛禁止」のルールに持論も/デイリースポーツ online

https://www.daily.co.jp/gossip/2017/06/22/0010303663.shtml


管理人の反応

(゚-゚) ウムウム


ネットの反応

  • 他のメンバーへの配慮として“解雇”でも良いのでは。本人は揺るぎない意思があるわけだし。本人のこれからを応援する意味を込めた前向きな“解雇”。
  • どのタイミングで言っても誰かの期待は裏切る。 ならばきちんと自分の言葉で直に伝えられる場を選んだのはとても納得できる。 自分らしく生きる。ただそれだけのこと。
  • 己の勝手を哲学っぽく正当化しているだけ。 橋下徹が多用していた手法とよく似ている。 こういう回答は本当にタチが悪い。
  • 芸能人は夢を売る商売。芸能界辞めてから結婚すればいい。注目されたいから総選挙で言ったのかね?ファンが可哀想。一般人だったら何も言われない。
  • やっぱり秋元康氏は「いかにAKBというコンテンツの商業的価値を高めるか」を考える役回りなんですね。ファンもメンバーも後回し。
  • あれだけの騒ぎになった以上、辞めざる得ないでしょ。仮に続けたとして、ああいう形でイベントをぶち壊し、結婚したタレントにファンは何人付いていくんだろ?
  • 総選挙に出馬せずにAKBを辞めればよかっただけ。一石投じるみたいな言い方をしているらしいけど、それは規則を守れなかった貴女の見苦しい言い訳。


























関連記事

お知らせ

人気ページランキング

プロフィール

フリーダム頑固オヤジ

Author:フリーダム頑固オヤジ
アニメ漫画ファン不遇の時代を生き抜いた燃えるオヤジとその仲間たち。

検索フォーム

相互RSS

お知らせ

お問合せ

多数のお問合せをいただいているため、返信できない場合があります。ご了承ください。

名前:
メール:
件名:
本文: