ホーム

記事一覧

RSS

ヤマハなど音楽教室事業者らがJASRAC提訴

 音楽教室での演奏から著作権料を徴収する方針を決めた日本音楽著作権協会(JASRAC)を相手取り、教室の運営などをする249事業者・団体が20日、「教室での演奏に著作権は及ばない」として、JASRACが著作権の請求権を持たないことを確認する訴訟を東京地裁に起こした。JASRACは全面的に争う構えだ。

※引用元:

ヤマハなど音楽教室事業者らがJASRAC提訴:朝日新聞デジタル

http://www.asahi.com/articles/ASK6N4JM4K6NUCVL012.html


管理人の反応

(# ゚Д゚) ムッ!


ネットの反応

  • 組織運営上の問題はあるにせよ、JASRACを構成する零細作詞家・作曲家の利益を確保しなければ、ヤマハの事業も長期的には成り立たないだろうに。
  • 確認訴訟はおおいに結構だし判決にもとも興味があるけれど、TLで散見される一面的なJASRAC批判にはちょっと…。みんなお金を払いたくないんだな。
  • ヤマハだって「音楽教育を守る」とか「音楽文化の発展」とかいってるけど、それで商売してるわけでしょう? そもそも著作権料を支払えないから衰退する教育や文化って何なの?
  • この問題は文科省が動くべきだが、官僚は天下り利権ずぶずぶだからJASRACの味方しちゃうだろうね。
  • 音楽教室側の言い分が正しいと思う。家で練習してても外に音が漏れたら請求するのか?音楽を愛してると思えない。
  • ファイト!! 法的には厳しい部分もあるらしいが、音楽教室の思いは国民の多くの思い=常識でもあるのだ。
  • あ~請求を無視してJASRACに訴えられるのを待つんじゃなくて、先手を打って確認訴訟なのか。条件闘争には応じない、正面突破で行くということやな。ヤマハ、ガンバレ!


























関連記事

お知らせ

人気ページランキング

プロフィール

フリーダム頑固オヤジ

Author:フリーダム頑固オヤジ
アニメ漫画ファン不遇の時代を生き抜いた燃えるオヤジとその仲間たち。

検索フォーム

相互RSS

お知らせ

お問合せ

多数のお問合せをいただいているため、返信できない場合があります。ご了承ください。

名前:
メール:
件名:
本文: