ホーム

記事一覧

RSS

終末期の人工透析、中止広がる…2014年以降に医療機関の半数が経験


 終末期の患者らの人工透析の導入を見送ったり、中止したりした経験のある医療機関は、2014年以降で約半数に上るとする調査結果を、日本透析医学会理事で川島病院(徳島市)副院長の岡田一義医師がまとめた。

※引用元:

終末期の人工透析、中止広がる…2014年以降に医療機関の半数が経験 : yomiDr. / ヨミドクター(読売新聞)

https://yomidr.yomiuri.co.jp/article/20170619-OYTET50006/


管理人の反応

(゚o゚) オオ


ネットの反応

  • 重い心臓疾患の父は、負担の少ない腹膜透析→中止だった。 透析患者は体内の毒素を排泄できず、毒素が麻酔の様に作用して、比較的楽に最期を迎えられる事も知って欲しい。
  • 回復が見込めない延命処置はなくしていいと思う。 生存権があるなら、当然尊厳死の権利が誰にでもある。 家族や本人の同意があればいらない。
  • 身内に透析患者がいるので透析をしない選択肢なんてあり得ない、と今は思うけど、導入前はどちらを選んでも正解のように提示されたので家族間で必要以上に揉めた気がする。
  • 回復が見込めない患者の延命治療法…もっと考えるべきだと思います。 果たして、家族や患者本人のためなのか? 私は断ります。
  • 残された時間が少なくなった時、これは負担が重すぎる……。“通常、週3回4時間以上かけて機械で血液を浄化する。”
  • 回復が見込めないのにも関わらず実施しても得をするのは実施した医療機関だけ。医療保険や国庫は高い医療費を医療機関に奪われる。費用対効果


























関連記事

お知らせ

人気ページランキング

プロフィール

フリーダム頑固オヤジ

Author:フリーダム頑固オヤジ
アニメ漫画ファン不遇の時代を生き抜いた燃えるオヤジとその仲間たち。

検索フォーム

相互RSS

お知らせ

お問合せ

多数のお問合せをいただいているため、返信できない場合があります。ご了承ください。

名前:
メール:
件名:
本文: