ホーム

記事一覧

RSS

卵アレルギー、乳児から少量食べて予防 ただし必ず専門医に相談を


 日本小児アレルギー学会は16日、離乳食を始めるころの生後6カ月から、乳児にごく少量の鶏卵を食べさせることで、卵アレルギー発症の予防になるとの提言を医療関係者向けに公表した。家庭で独断で実施するのではなく、必ず専門医に相談してから始めてほしいと指摘している。

 卵アレルギーは、乳幼児の食物アレルギーの中で最も多く、有症率は10%といわれる。アレルギーは卵を口にした場合、湿疹や頭痛、呼吸困難などの症状が起きる。

 鶏卵を食べることで卵アレルギーの発症を抑える研究は、国立成育医療研究センターなどのチームが昨年末、英医学誌ランセットに発表。少量を食べ続けることで体が慣れ、免疫反応が抑えられたとみられる。

 学会の提言では、生後6カ月の乳児がMサイズの卵100分の1程度を3カ月間、1歳児で卵半分を取り、皮膚の状況を管理する。ただ摂取は予防のためであり、すでに卵アレルギーの発症が疑われる乳児に摂取を促すことは「極めて危険」と警告している。

<以下省略>

※引用元:

卵アレルギー、乳児から少量食べて予防 日本小児アレルギー学会発表 ただし必ず専門医に相談を

http://www.sankei.com/life/news/170616/lif1706160043-n1.html


管理人の反応

(゚-゚) ウム


ネットの反応

  • 勘違いした爺婆が出ませんように…!アレ持ち家系は慎重に行くべきだし、素人の生兵法マジで怖い。
  • 絶対、専門医に相談なしで食べさせるバカ親、祖父母がやらかすね。 しっかり徹底しないと命にかかわる。
  • 離乳食始めたばかりだけど進度の目安がわからんので、逐一医師の指導を受けたいわ。
  • 食物アレルギーは甘く見ると絶対にダメ。 一歩間違えると最悪死に至る。
  • うちの子は7歳。たった7年でこんだけ指導が違ってきてしまうんだから、ほんとに悔しい。

























関連記事

お知らせ

人気ページランキング

プロフィール

フリーダム頑固オヤジ

Author:フリーダム頑固オヤジ
アニメ漫画ファン不遇の時代を生き抜いた燃えるオヤジとその仲間たち。

検索フォーム

相互RSS

お知らせ

お問合せ

多数のお問合せをいただいているため、返信できない場合があります。ご了承ください。

名前:
メール:
件名:
本文: