ホーム

記事一覧

RSS

藤井四段26連勝も14歳の“深夜対局”は問題ない?


 将棋の最年少プロ棋士・藤井聡太四段(14)が15日、大阪市の関西将棋会館で行われた順位戦C級2組で、瀬川晶司五段(47)と対局して勝利。プロデビューからの公式戦連勝記録を「26」に伸ばし、全体の連勝記録でも史上最多の「28」にあと2連勝と迫った。

 対局相手の瀬川五段は、プロの登竜門である奨励会を退会後、アマチュアとしてプロを破り、プロ編入制度を切り開いた人物。今泉健司四段(43)ら後続に道を開いた。

 そんな瀬川五段を相手に76分間、長考する場面も見られた藤井四段だったが、108手で熱戦にピリオドを打った。

 対局を終えた藤井四段は「仕掛けが遅れ、少しずつ苦しい展開でした。うっかりしていて、負けにしてしまったのかなと思い、最後の最後までわからなかった」と振り返った。

 この日の終局時間は午後10時53分、持ち時間6時間。13時間(2度の食事休憩を含む)に及んだ長丁場に「深夜の対局になると、体力勝負という面も出てくるので、初めての経験でした。ところどころ、集中力を欠いてしまったのもあると思うので、そこはしっかり反省したい」と気を引き締めたが、さすがに疲れもあったようだ。

<以下省略>

※引用元:

藤井四段26連勝も14歳の“深夜対局”は問題ない?

http://www.tokyo-sports.co.jp/entame/entertainment/698078/


管理人の反応

(゚-゚) ウムウム


ネットの反応

  • 問題大有り、組織とマスコミが、彼の若い身体を蝕んでるといってもよい。しかし、彼の頭脳がそれを見越してるかもしれないが。 環境は考えてほしい。
  • 競技・スポーツ関係の他にも、歌舞伎役者などの伝統芸能は18歳未満の深夜労働が認められている。伝統芸能性がない単なる芸能活動はNGで、処分の例多数
  • 良い子は寝ましょう。 悪い子は朝までバイクで走りましょう。 個人事業主はご自由にどうぞ。
  • 将棋連盟の対応いいね。 >将棋連盟関係者は「労基署から指摘を受けたことはない。何かお話があれば、きちんと対応い>たします」
  • 夜遅くに対局が終り、マスコミが中学生に取材することに問題があるのではないか、ということに触れてほしかった。対局することと、マスコミ取材を受けることとは別です。
  • だれも想像しなかった現実が起きている。 学業に関してはまるっきり問題ないでしょ、遠足だけみんなといっしょでいいんじゃない?


























関連記事

お知らせ

人気ページランキング

プロフィール

フリーダム頑固オヤジ

Author:フリーダム頑固オヤジ
アニメ漫画ファン不遇の時代を生き抜いた燃えるオヤジとその仲間たち。

検索フォーム

相互RSS

お知らせ

お問合せ

多数のお問合せをいただいているため、返信できない場合があります。ご了承ください。

名前:
メール:
件名:
本文: