ホーム

記事一覧

RSS

プルトニウム不検出、当初検査は体外分測定か


 原子力機構の最初の検査の際に除染が不十分で、体外に付着したプルトニウムも測定してしまい、内部被曝の評価が過大になった可能性が強まっている。

 原子力機構は事故当日の6日、現場にいた5人のうち50歳代の男性職員の肺から2万2000ベクレルのプルトニウムを検出、今後50年間の被曝線量が12シーベルトに達する恐れがあると7日に発表した。しかし、入院先の放医研の7日以降の複数回の再検査では、原子力機構と同じ測定方法にもかかわらず、いずれも検出限界値を下回っているという。

(ここまで340文字 / 残り132文字)

2017年06月12日 18時07分

Copyright © The Yomiuri Shimbun

※引用元:

プルトニウム不検出、当初検査は体外分測定か

http://www.yomiuri.co.jp/science/20170612-OYT1T50035.html


管理人の反応

(゚д゚) オオ


ネットの反応

  • 茨城県大洗の日本原子力研究開発機構で起きた被曝事故』←とりあえず、事故に遭った作業員の実名を教えて欲しい。報道の闇に葬られる前に。
  • 火急性のない情報を拙速に伝えると誤理が出やすい、という良い例。「(原発関連の失敗は)伝えたくて仕方ない」という気持ちが報道を急がせたのは明らか。
  • [ プルトニウム不検出、当初検査は体外分測定か]詳細は不明ですが…体の除染前なら当たり前です、体の除染前に検査する非常識が常識が危険を理解したい。報道の意図は理解したくないけど、もし、これが真実なら…です。
  • これ、ほんとか? 違う病院で、違う機材を使ってしっかり測った方が良いかと。 セカンドオピニオン受けよう。って各団体言ってるんやから、ちょっとやった方がいいよ。
  • 二万ベクレル吸引という報道時、一体防じんマスクはどんなものか、着用方法に問題があったのではと思ったが、内部吸引してないのなら良かった…。/
  • これが本当ならば不幸中の幸いだ。 健康被害がとにかく出ないことを祈る。 しかし、事故はあまりにも低レベルの話。 これからどうするんだ?
  • 隠蔽に必死w東日本大震災のときも中村審議官がメルトダウンと言い、隠蔽。結局メルトスルーwバカな老害とムラは切腹よろw


























関連記事

お知らせ

人気ページランキング

プロフィール

フリーダム頑固オヤジ

Author:フリーダム頑固オヤジ
アニメ漫画ファン不遇の時代を生き抜いた燃えるオヤジとその仲間たち。

検索フォーム

相互RSS

お知らせ

お問合せ

多数のお問合せをいただいているため、返信できない場合があります。ご了承ください。

名前:
メール:
件名:
本文: