ホーム

記事一覧

RSS

質問力に又吉直樹うなる 芦田愛菜「圧倒的読書量」の源泉


 高偏差値の名門私立中学にこの春入学した人気子役の芦田愛菜(12)の読書量が話題だ。

 9日のTBS系「ぴったんこカン・カン」では、「火花」で芥川賞受賞の又吉直樹(37)と対面。

「本を読むだけじゃなくて、書いてみようかとも思っているんです。でも起承転結の転が思い浮かばなくて、起承承結になっちゃう」などと相談し、又吉を「質問がもう作家さん」と驚かせた。

「芦田の読書は難関中学合格の際も取り沙汰されていました。銀行員の父親が読書家で、事あるごとに本を渡して、読書家に育った。小学低学年で年間300冊を読破したとか。それも夏目漱石『吾輩は猫である』やアガサ・クリスティ『オリエント急行殺人事件』といった古典から、東野圭吾や朝井リョウといった現代の人気作家まで幅広く、それらが明らかになると、とても小学生の選ぶ本じゃないと評判でした」と民放ディレクター。

<以下省略>

※引用元:

質問力に又吉直樹うなる 芦田愛菜「圧倒的読書量」の源泉|日刊ゲンダイDIGITAL

https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/geino/207277


管理人の反応

(゚д゚) マジ


ネットの反応

  • 芦田先生がほかの子役とくらべると浮ついた感じがしないのは親御さんにきちんと育てられたからかな。きちんと自分で考えた言葉で発言できる子どもを育てるのに、読書は欠かせないのかも。
  • はるかぜちゃんが日本の宝と絶賛してましたねで僕が当時何を読んでいた?電気工学街論です。
  • きっと中学生の愛菜ちゃんに、安倍総理と菅官房長官と麻生財務相が3人束になって掛かっても敵わないね。
  • いわゆる早熟かと。俺の分析では人間の才能は決まっている。この人の場合はその才能の発現が「今」なのであり、これが20代後半になる人もいる。
  • 図書室、図書館へ行けは無理。とりあえず買って読ませる、人類に与えられた読む能力を活かさないのは、親の子供への一種の育児放棄だと思う
  • ざっくりだけど、一般的に言われる「知的好奇心」については、ある程度遺伝があるのかなと感じている。


























関連記事

お知らせ

人気ページランキング

プロフィール

フリーダム頑固オヤジ

Author:フリーダム頑固オヤジ
アニメ漫画ファン不遇の時代を生き抜いた燃えるオヤジとその仲間たち。

検索フォーム

相互RSS

お知らせ

お問合せ

多数のお問合せをいただいているため、返信できない場合があります。ご了承ください。

名前:
メール:
件名:
本文: