ホーム

記事一覧

RSS

「重力レンズ」観測成功…太陽以外の恒星で初


 【ワシントン=三井誠】遠方にある星の光が、手前の恒星の重力で曲げられる現象を観測したと、米国などの研究チームが発表した。

※引用元:

「重力レンズ」観測成功…太陽以外の恒星で初

http://www.yomiuri.co.jp/science/20170609-OYT1T50022.html


管理人の反応

(゚-゚) ウム


ネットの反応

  • 荷電粒子の密度差。重力レンズで星の位置がずれる?そんなもの地上でも観測できる。真上に見える星はほぼその方向だが斜めに見る星の位置はズレる。中高の教科書等にも書いてある?光は電磁波なので電荷密度の違いの速度差で曲がる
  • 白色矮星ならそれまで核融合していた原子が吹き飛んで周りに荷電粒子として取り巻く。内側は密度が高く外は次第に薄くなる。密度が高いということはレンズでいうなら厚い。低いは薄い。光が入射すれば曲がるのは当たり前
  • あ、そっかあ、いままでの、よくニュースにでてた重力レンズってのは遠方銀河・銀河団によるものだものなあ。 単体の恒星での重力レンズとしては太陽以外で初めてということか。
  • スタイン2051Bの重力による後方の星の見かけの位置のずれを観測。そこから質量を太陽の68%、直径1%と推定 Science原著↓
  • 先日(6/9)、インターネットで気になる記事を見つけました。















関連記事

お知らせ

人気ページランキング

プロフィール

フリーダム頑固オヤジ

Author:フリーダム頑固オヤジ
アニメ漫画ファン不遇の時代を生き抜いた燃えるオヤジとその仲間たち。

検索フォーム

相互RSS

お知らせ

お問合せ

多数のお問合せをいただいているため、返信できない場合があります。ご了承ください。

名前:
メール:
件名:
本文: