ホーム

記事一覧

RSS

若い星を取り巻く「生命の原料」 400光年先に発見 研究


【6月9日 AFP】惑星が形成される前の太陽に似た誕生間もない星の周囲で、生命に欠かせない要素とされる化学物質を初めて検出したとする2件の研究報告が8日、発表された。

「英国王立天文学会月報(Monthly Notices of the Royal Astronomical Society)」に発表された論文の共同執筆者で、イタリア・フィレンツェ(Florence)にあるアルチェトリ天文台(Arcetri Astrophysical Observatory)の科学者ビクトル・リビッラ(Victor Rivilla)氏によると、今回検出された分子「イソシアン酸メチル(C2H3NCO)」は「生命の基本構成要素であるタンパク質の形成において極めて重要な役割を果たす」という。

 この研究成果により、数十億年前の地球上ではどのようにして化学物質が生命発生の口火となったかに関する手がかりが得られる可能性もある。

 同誌に発表された2件目の論文の主執筆者で、オランダ・ライデン天文台(Leiden Observatory)の研究者のニルス・リグテリンク(Niels Ligterink)氏は、生命の発生に欠かせない要素が「惑星系形成の最初期段階ですでに得られていた可能性が非常に高い」ことが少なくとも今回の研究で明らかになったと指摘した。

<以下省略>

※引用元:

若い星を取り巻く「生命の原料」 400光年先に発見 研究

http://www.afpbb.com/articles/-/3131435


管理人の反応

(゚д゚) マジ!?


ネットの反応

  • 梅毒眼鏡型インターネットTVゲーム脳波感知器ですらすらプレイみたいな時代になるだろうけど、頭熱下がらず、弱視で脳炎で小脳活動低下で知らない間に、心拍停止で肉醢になるだけか。
  • 研究(AFP=時事) >逆説的ではあるが、イソシアン酸メチルなどの生命の前駆物質は、人や他の動物に対しては非常に毒性が高く、生命に危険を及ぼす恐れがある。
  • アルマ望遠鏡の驚くべき性能のおかげで、恒星と惑星の形成領域の周囲でますます多くの有機分子が発見されている。
  • 窒素化合物か、ほんの少しの結合の差異で猛毒になるのは自然の不思議さ、後はリン化合物で生命誕生だ。
  • 生命絡みでも面白いけど、素朴に言って400光年先の特定の化学物質の有無を同定できるって凄まじいことだよなぁ。


























関連記事

お知らせ

人気ページランキング

プロフィール

フリーダム頑固オヤジ

Author:フリーダム頑固オヤジ
アニメ漫画ファン不遇の時代を生き抜いた燃えるオヤジとその仲間たち。

検索フォーム

相互RSS

お知らせ

お問合せ

多数のお問合せをいただいているため、返信できない場合があります。ご了承ください。

名前:
メール:
件名:
本文: