ホーム

記事一覧

RSS

<茨城被ばく>過大評価か 肺測定でプルトニウム検出されず


 日本原子力研究開発機構大洗研究開発センター(茨城県)の被ばく事故で、原子力機構は9日、放射線医学総合研究所(放医研、千葉市)で被ばくした作業員5人の肺の放射性物質を再測定した結果、プルトニウムが検出されなかったと発表した。体の表面に付着した放射性物質を誤検出し、内部被ばく量を大幅に過大評価していた可能性があるという。

※引用元:

茨城被ばく:過大評価か 肺測定でプルトニウム検出されず - 毎日新聞

https://mainichi.jp/articles/20170610/k00/00m/040/075000c


管理人の反応

(゚-゚) ウムウム


ネットの反応

  • 東電フクイチ事件のときには、内部被曝も外部被曝も同じだという言説がみられたが、今回は違うという見解のようだ。原子炉施設内は別なのか。情報不足民を騙すのは簡単。
  • 思いっきり測り間違えた由。 ただマスクで全部止まったのかと言えばそうでもないようで、数字待ちか。 まぁ良い方向への訂正ではある、出たのが早めで有り難い。
  • 作業員の方々の労働者としての権利が第三者を通じて明確にされ、且つ今後永続的に経過報告が公式発表され続けて初めてこの情報が信用に値するものとなる。
  • 鼻腔内に比べて肺が異様に高い&マスクしてたにしては高いとは思ってたが…。ともあれ、しっかりしてくれの一言。速報性は大事だけど、値がこうもブレては信用されない。
  • プルトニウムのα線ってどうやって検出するの?検出できないからといって内部被曝の否定はできないと思うんだけど。物理学的な意味でわからん。 教えてわかる人…
  • JAEA大洗の件、これ本当なのかな? まあ、半面型マスクがきちんと着装されていたならそうなのかもしれないけど。 ちょっと怪しい……
  • フルフェイスマスクではなかったとはいえ、第一報の2万2千って数字はマスク壊れてたのかと思えるほどの数字だったので説明を読んで少し納得。


























関連記事

お知らせ

人気ページランキング

プロフィール

フリーダム頑固オヤジ

Author:フリーダム頑固オヤジ
アニメ漫画ファン不遇の時代を生き抜いた燃えるオヤジとその仲間たち。

検索フォーム

相互RSS

お知らせ

お問合せ

多数のお問合せをいただいているため、返信できない場合があります。ご了承ください。

名前:
メール:
件名:
本文: