ホーム

記事一覧

RSS

パナソニック「宅配ボックス実証実験」結果を報告--再配達率が49%から8%に減少


 宅配ボックスが稼動しなかった理由としては、「冷蔵・冷凍」、「大きすぎて入らなかった」などが挙げられた。

 パナソニックでは「繁忙期のみならず、約半年間にわたっての定点観測においても再配達率8%という劇的な結果が出たことにおいて、再配達解消の一つの商材であることが実証できたと考えている」とコメントしている。

 あわら市では今後、全国に先駆けて宅配ボックスの設置費用の一部を助成する補助制度を創設する。

※引用元:

パナソニック「宅配ボックス実証実験」結果を報告--再配達率が49%から8%に減少

https://japan.cnet.com/article/35102449/


管理人の反応

(゚o゚) オオ


ネットの反応

  • これは凄い。あとはボックスの値段だね。 世帯数の多い集合住宅は、宅配業者が設置費用出すっての検討してくれないかな。
  • これは劇的な数字が出たなあ!逆に、8%に含まれるクール便や巨大荷物にボックスで対応しようと思ったら、とんでもなくコストかかりそう。
  • 既に10年以上前だけど大学生のとき住んでた相模原と笹塚のマンション(どちらも新築)にはあった。便利。
  • 駅とか共同で使える場所に増えるといいね。ある生活に慣れるともう宅配ボックスなしの住居には住めないわ。
  • Japan) 。配達してくれる業者も受け取り側もどっちも負担になるから大いに活用できるように!!
  • これ、マンションに付いていてすごく便利。現代社会には必須でしょ。


























関連記事

お知らせ

人気ページランキング

プロフィール

フリーダム頑固オヤジ

Author:フリーダム頑固オヤジ
アニメ漫画ファン不遇の時代を生き抜いた燃えるオヤジとその仲間たち。

検索フォーム

相互RSS

お知らせ

お問合せ

多数のお問合せをいただいているため、返信できない場合があります。ご了承ください。

名前:
メール:
件名:
本文: