ホーム

記事一覧

RSS

茂木氏「この国は終わっている」就活生の没個性指摘

 脳科学者の茂木健一郎氏(54)が、就活生の没個性を指摘し、「この国は、本当に終わっている」とした発言が賛否を呼んでいる。

 茂木氏は6日、ツイッターで「今日の夜、東京のある駅の近くを歩いていたら、全く同じようなリクルートスーツをきた学生の集団が数十人、騒ぎながら通り過ぎていた」と書き出し、「画一性。没個性。この国は、本当に終わっているんだなあ、と思った。経団連のお墨付き」と私見を述べた。

 この発言には同調する声も多数あったが、一方では「外見だけを見て没個性と言うのは、それこそ画一的な物の見方」「リクルートスーツに個性どうのこういうのおかしくない?」「リクルートスーツ着てる奴みんな個性ないとでも思ってんの??」といった反対意見も少なからずあがった。

 また、美容外科「高須クリニック」の高須克弥院長は、「甘い読みです。彼らは企業が求めている人材を演じているのです。今の若者は茂木先生よりしたたかですよ」と異論を唱えた。

 茂木氏は高須氏の意見に対し「高須先生のおっしゃる通りなのでしょうが、過剰適応、部分最適にならないことを祈ります。そこから外れた若者も応援したいです。あと、新卒一括採用のシステム自体は時代遅れでしょう」と持論を展開した。

 また、自身の発言について「別に、服装で個性出せ、とか大袈裟な話をしているわけではなくて、規定があるわけでもないのに、自分たちで自己規制して、あそこまで同じ格好をするのはおかしいでしょ、と言っているだけ。スーツだって、いろいろな形やデザインがあるでしょ。誰もジーンズで行けなんて言ってないよ」と真意を説明した。

※引用元:

茂木氏「この国は終わっている」就活生の没個性指摘 - 芸能 : 日刊スポーツ

https://www.nikkansports.com/entertainment/news/1836561.html


管理人の反応

(゚o゚) オオ


ネットの反応

  • 確かに茂木さんの意見も同感だが、人と違うことをするには勇気がいる。敢て、リクルートスーツ以外の者を面接で着て行って、他の者からジロジロ見られたりする。採用側もなんだ、こいつそんなに自信あんのかと訝る。かなり優秀でないとできない。
  • この間ざこば師匠がお倒れになった時にTLで見た脳梗塞の初期症状の一例として「人を不愉快にさせる態度を取る」ってのをあったの思い出した。一度ドクターチェック受けてみてはどうだろうか
  • 発言は自由だけど、公の場で影響力ある人が妙なこと言ってしまうと、不快に思う人は出てくる。まぁ、集団をひとまとめにしてものを言うのは、そもそも違うんじゃないかと僕は思いますけどね。
  • 言ってることはどちらも最もだけど、現実は個性出したら即落ちる就活。セミナーなんかに行っても落ちないために教えられることは平均的な事。その中で印象付けられるかが鍵とかいわれんだよね。
  • これは、そう思う。企業が求める姿を演じているのだとしても。思い出しても、皆が同じ姿で皆が「ボランティアです♡」とか同じ事を言う、あれは嫌だったな。
  • そんな髪型でも誰からも咎められない地位・立場・職業に就いてる人が、これから企業に就職しようとしている学生に個性を求め、リクルートスーツと日本を否定するのは何か違うのでは無いか?
  • 終わってるのはお前だ。 嫌なら出て行け。 坂本龍一と言い老害が増えてる。高須医院長の爪の垢を濃縮して飲め。


























関連記事

お知らせ

人気ページランキング

プロフィール

フリーダム頑固オヤジ

Author:フリーダム頑固オヤジ
アニメ漫画ファン不遇の時代を生き抜いた燃えるオヤジとその仲間たち。

検索フォーム

相互RSS

お知らせ

お問合せ

多数のお問合せをいただいているため、返信できない場合があります。ご了承ください。

名前:
メール:
件名:
本文: